ネパールの豆料理「ダルスープ」のレシピ

ダルスープの作り方!ネパールの豆料理レシピをマスターしよう

ダルスープの作り方!ネパールの豆料理レシピをマスターしよう

ネパールの食については、以前ご紹介しましたとおり “ ダルバート・タルカリ ” という定食が一般的。
ダルは豆のスープを意味し、バートは炊いたご飯、タルカリは野菜のカレー(おかず)のことで、これにアツァールという漬物がつきます。
ダルスープは、日本でいう味噌汁のようなもので、家庭によって作り方は様々。基本的には豆スープなので、味噌汁のように具材はまちまちではないのですが、スパイスや香味野菜などで変化をつけて、お好みの味に仕上げています。

今回は、中央ネパールの高地に多く居住しているという、チベット・ビルマ系グルン族の家庭で教えていただいた、基本的なダルスープをご紹介します。

   

ダルスープの材料(4~5人分) 

材  料 (4~5人分)
 
※3種類の豆(写真左下) 各ひとにぎり
【黒:ブラックウラッドダール 黄:ムングモガール(緑豆)  (各25gくらい)
オレンジ:マスダル レッド】
(※1種類の豆だけでも大丈夫です)
・水 豆より5cm上
・サラダ油 ほんの少し
(※圧力鍋を使用しないときは、必要ありません)
・ターメリック 小さじ1/2
・無縁バター 大さじ2
・※ジンブー(写真右下) 大さじ2
・塩 小さじ1





 

ダルスープの作り方

作 り 方
 
1.豆は軽く洗って水気を切り、水、ターメリック、塩、サラダ油とともに圧力鍋にいれる。
 
2.フタをして強火にかけ、沸騰したら弱火にし、30分間煮る。
 
3.フライパンに無塩バターを溶かし、ジンブーをいれて真っ黒になるまで焦がす。
 
4.充分あら熱をとった に、ジュッと音がするくらいあつあつの をいれ、ひと混ぜしたらできあがり!
 

圧力鍋を使わないでダルスープを作る場合

・豆は洗って半日(ひと晩)くらい水につけておきます。
・水はやや多めにし、途中水分が足りなくなるようだったら足します。
・煮込み時間は約1時間。豆が柔らかくなって少し崩れるくらいまで。
・サラダ油は必要ありません。
 (圧力鍋を使用するときは、ふきこぼれ防止のために使います)

 

ガイドのワンポイントアドバイス

■ POINT ■

●ジンブーは、ブラックウラッドダールによく合うといわれる、ネパール特有の野菜を乾燥させたものです。
使用するときは、太いものは取り除き、少し手で揉み砕くようにすると口当たりのよいスープに仕上がります。
●ダルスープに入れるときは、真っ黒になるまでしっかり火を通すようにしてください。(写真右)
●ジンブーが手にはいらないときは、クミンシードを同じように真っ黒になるまで火を通したもので代用しても、香り高く仕上がります。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。