カトマンズのインターネット事情

情報社会となった今、インターネットなしでは暮らせない!?旅行先からネットにアクセスできるかどうかは大変気になるところですね。ネパールにはインターネットサービスを行う企業が数社あり、ADSL、ケーブルTVネット、3Gが普及しています。近年では高速のWiMAXのサービスも開始されています。

サイバーショップ

街中にはコンピューターを備えた「サイーバショップ」があって時間制で安価に利用できます。様々な言語がインストールされたPCが並び、ウェブカメラとヘッドセットを備えている場合もあり、音声チャットを楽しむこともできます。国際電話やコピーのサービスもあります。遠方の家族や友人のSNSやチャットを目的にネパールの人たちも日常的に利用していますよ。

こういったお店では、時間当たりの料金が定められていて、利用後に開始時間と終了時間を申告して会計を行うようになっています。大体1時間25~50ネパールルピーくらいです。店舗や回線の込み具合によって料金、接続速度は変わりますので、店員に尋ねてみまょう。

公共のパソコンを利用する際に気をつけたいのがPCウイルス感染です。うかつにUSBドライブにメモリーカードやペンドライブを差し込んでウイルスに感染してしまうことがあるので、使用しないのが無難です。アカウントの乗っ取りなどの危険性もありますから、利用後はログイン情報やブラウザの履歴もすべて消去することも忘れないでください。安全のため銀行やクレジットカードの情報を入力することも控えましょう。

公共の場所で無料Wi-Fi

トリブバン国際空港のWi-Fiスポット

トリブバン国際空港のWi-Fiスポット

カトマンズではカフェ、レストラン、宿泊施設でも無料Wi-Fiは標準サービスといってよいほど普及しています。トリブバン国際空港、カトマンズ市内の入国管理局、ポカラ空港でも長い待ち時間に退屈することなく利用できます。

Wi-Fiはパスワード制のところもあれば、パスワードなしで自動的に繋がる場合もあります。パスワードは受付や店員に尋ねれば快く教えてくれます。高級ホテルや総合病院などでは時間制で利用料がかかることが多いようです。利用方法、料金はフロントで確認してください。

スマホ、USBからアクセスする

ネパールテレコムのスカイプロ

ネパールテレコムのスカイプロ

携帯電話通信会社の提供する3Gサービスは、ネパール国内の広い範囲で利用できます。公営のネパールテレコムと私営のNcell(エヌセル)の2大勢力が幅を利かせており、いつでもどこでもアクセスしたいという人にはとても便利です。

SIMカード購入にはパスポートコピーなど身分証明書と有効なビザコピーが必要となりますが、携帯電話網がある地方へ行く方には利用価値があるでしょう。利用料の追加には、雑貨店でプリペイド式のカードを購入する、または街中のリチャージ機、通信会社のスポット店で支払う方法があります。

USBコネクタタイプのインターネット接続サービスも出ています。こちらも携帯電話のエリア内なら利用可能。各社、様々なプランが用意されているので目的に合うものを契約するとよいでしょう。
携帯電話、インターネットのリチャージ機

携帯電話、インターネットのリチャージ機


問題はその安定性と通信速度。多くの場合、動画が快適に見られるほどにサクサクというわけにはいきません。大きなファイルのやりとりにも時間がかかったり、エラーが発生することがあります。簡単なメールやサイズの小さなデータのやり取りならほぼ可能と考えてよいでしょう。但し、山間部や雨が降ったりすると通信が途切れたり、速度が不安定になってくる傾向が往々にしてあるようです。

ネパールテレコム http://www.ntc.net.np/
Ncell http://www.ncell.com.np/

長距離バスもWi-Fiサービス開始!

Wi-Fi搭載の長距離バス

Wi-Fi搭載の長距離バス

近年、ポカラやチトワンなど主要観光地を結ぶ長距離バス内でもWi-Fiが利用できるようになってきました。長距離バスを予約するときに「Wi-Fi付きのバスはありますか?」と聞いてみましょう。

カトマンズ市内に2路線を配しているコミュニティー運営のサージャーバスでも近く無料Wi-Fiを提供する計画が発表されています。

 地方のインターネット事情

Ncellの通信エリアマップ

Ncellの通信エリアマップ


地方の小規模な街においても、カトマンズ同様の「サイバーショップ」があります。利用料金はカトマンズより高めに設定されていると思ってください。ポカラの場合、相場は1時間100ネパールルピー程度です。

山岳地帯は場所によって事情が大きく異なりますが、エベレスト街道、アンナプルナBCへの主要トレッキングルート上でもインターネットが利用可能になってきています。エベレスト街道沿いのサイバーショップは、1分当たり10ネパールルピーからと高額。山のロッジでのWi-Fi利用は、1泊2日滞在なら1000ネパールルピー程度の追加料金がかかります。高所になるほど値段は上がっていきます。

但し、ラップトップ、携帯電話、デジカメなどの充電は有料(100~200ネパールルピー)、または禁止というところもあるので、予備バッテリーを持参したほうが良いかもしれません。ネパールの電圧は220V。プラグの形状も所々で異なっていますので、アダプターも必要です。

ネパール政府は遠隔地との情報通信を密に行えるよう、さらに観光国のサービスの一環として、外国人旅行者には入国時にSIMカードを無料配布、全国Wi-Fiフリーゾーン設置の指針を掲げていますから、インターネットはますます普及し便利になっていくでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。