ネパール旅行の服装と持ち物

パタンundefinedダルバールスクエア

パタン ダルバールスクエア

ネパールへの旅行は、季節、エリアと目的によって、服装も持ち物も全く変わってきます。滞在地がカトマンズやポカラならその時期の日本の服装とそれほど変わりはありませんが、ヒマラヤ山岳地帯、熱帯のタライ平原はまた事情が異なります。この記事では、ざっくりと季節・気候についてご紹介していきます。

服装や持ち物に関しては、現地でレンタルしたり、入手できるものもあるので、出発前の準備にご一考ください。ネパールの気象庁のサイトも参考に荷造りして出かけましょう。

カトマンズの気候と服装

「ヒマラヤ=寒い!」イメージをお持ちの方も多いようですが、首都のカトマンズは実は亜熱帯気候。1300mの標高に位置することもあり、冬は東京より暖かく、夏は東京よりも涼しく過ごしやすいです。一年中温暖で南国の花で彩られています。

■春と夏

春の訪れは早く、1月下旬から2月頃にこちらの暦の立春を迎え、だんだん気温が上がりはじめます。3月中旬の「ホーリー」(水や色粉を掛け合う祭り)を迎えたら初夏の陽気となり、一気に気温は上昇し25度を越えるように。しかし、朝晩の気温差はかなり大きいですから、着脱、調節しやすい服装を準備ください。

酷暑期の5月は日中30度を越えますが、湿度が低いため比較的快適です。この時期カトマンズ郊外では幻想的なホタルの乱舞が見られ、スイカ、マンゴー、杏、ライチなどおいしい果物が出回り始めます。エアコンが必要と感じることは稀で、扇風機を使うような日も多くはありません。ただ紫外線は強く日焼け対策は必須! サングラス、帽子、日焼け止めクリーム(現地で入手可能)はマストアイテム。またカトマンズ盆地内は砂埃が舞い、大気汚染も深刻ですので、マスクがあると良いでしょう。

■雨季
雲が低く垂れ込めるカトマンズ

雲が低く垂れ込めるカトマンズ


モンスーン期となる6~9月は、ほぼ毎日のように夜間から明け方にかけて雨や雹が降ります。日中の雨はゲリラ的に降り、短時間で止むことがほとんどですが、薄手の長袖が一枚欲しいと感じるかも。雨で緑が鮮やかになり、晴れ間からは虹が現れ清々し時節ですが、舗装されていない道路はぬかるみ、スコールが降ると、排水設備が脆弱な道路はすぐに冠水してしまいます。折り畳み傘やレインコートなど雨具と防水性の高い靴、濡れても大丈夫なサンダル(安価で入手可能)があると便利。

雨に濡れて体調を崩すこともありますので、決して当地の雨を侮ってはいけません。落雷で命を落とすケースも多数報告されていますから、雷鳴が聞こえたらすぐに安全なところに避難しましょう。

■秋

秋は全国民が楽しみにしているお祭りシーズン。乾季となりヒマラヤトレッキングのベストシーズンに入ります。雨の神様インドラ神を見送る「インドラジャトラ」が終わる頃には、空は高く晴れ渡り、真っ白いヒマラヤも姿を見せ始めます。9~11月はネパール最大の「ダサイン大祭」、光の祭り「ティハール」と大型連休の祝日が続きます。この時期は一年で最も快適に過ごせる時期。日中は半袖でも大丈夫な日もありますが、日没後は気温がぐっと下がってくるのでジャケットやコートを羽織って調節しましょう。

■冬

12月から1月の短い冬は氷点下になることはごく稀ですが、朝晩の気温は一桁台まで下がります。早朝は盆地特有の濃霧に包まれるようになり、午前中の国内線のフライトは遅延、キャンセルが発生しやすくなるので、予備日を設けるなど十分に余裕のあるスケジュールを。

晴れていればポカポカと暖かいのですが、ネパールの典型的なレンガと石造りの建物内は冷たく、十分な暖房の設備が設置されていないこともあるので、室内での冷え対策のため、厚底のスリッパ、ウールのソックス、ストールや羽織り物があるとよいでしょう。日没後、路上で焚き火をする庶民の姿はネパールの冬の風物詩となっています。

アウトドアでは、ダウンジャケット、セーター、フリース、厚手のソックスも必要になります。また乾燥気味になりますので、お肌の弱い方は、保湿剤、リップクリームは必需品。現地で良質のウールやパシュミナの巻物、マフラーがリーズナブルな価格で手に入るので、この際買ってしまう!というのも一案。