ベトナムのサンドイッチ「バイン・ミー」





ベトナムはフランスパンがとてもおいしい国です。

フランスの統治下にあったことでフランスパンが浸透して、いまでは米とパンを常食しています。ベトナムのフランスパンはわたしたちが食べなれているものとは少しちがい、皮は薄めでサクッとお麩のような食感。そしてなかはふかふか。
皮がかみ切れてとても食べやすいのが特徴です。

街角ではこのフランスパンに野菜やハムなどをいれたバイン・ミー屋さんをよく見かけます。上の写真はそのなかでもいつもたくさんの人で賑わいをみせている人気のパン屋さん 『Nhu Lan(ニューラン)』のもの。



Nhu Lanの店頭にはパンが山のようにならべられ、冷蔵のケースにはチキン、ビーフ、ポークソーセージ、豚耳などのハム、鴨などのパテが数種類、その横の常温ケースには月餅のようなお菓子や肉まん、チマキなどがずら~っと。
うえからはサラミやらなんやらがぶら下がっていて、ココはいったい何屋さんなのっ!? と思ってしまうような雰囲気。あまりの種類の多さに選ぶのにも悩んでしまいます。


注文は食べたいハムなどを何種類か指差せばOK。

パンにバターとたっぷりのパテ(これがめちゃくちゃおいしい!)をぬって、頼んだ数種類のハムをごっそりと、野菜の甘酢づけ、青ねぎ、香菜、おこのみで輪切りの赤唐辛子をいれてくれて、ヌックマム(魚醤)をチャチャッとふって渡してくれます(上の写真のバインミー・ティッはわたしの大好きな豚耳のハムとチキン、豚肉のハムをチョイスしたものです)。

パンにヌックマムをかけるなんて、日本人の感覚ならパンに醤油をかけるのと同じなのでちょっと違和感があるとおもうんですけど、個性的な味がうまく調和されていてこれがまた美味!絶妙なバランスです。



バイン・ミー・ティット(バイン・ミーはパン、ティットは肉のこと)以外にもサンドイットはたくさんあって、ハンバーガーもあるんですよ。(写真上左)といってもベトナムのハンバーガーは野菜の甘酢づけや香菜入り。ベトナムならではの組み合わせですよね。


甘いパンやお菓子などもこんなふうに大胆にならべられていて、種類がとても豊富。運がよければ焼きたてのものが食べられます。

ベトナムのパンは日本のように洗練された繊細なものとは決していえませんが、皮がパリパリと薄くて素朴な味。それにどんな料理にも合ってしまうから不思議。カレーといっしょに食べたり、いろんな炒め物をサンドイッチにはさんで食べるんですよ。

フランスからパンの技術を学び、風土にあった食べかたを独自にきずいていったベトナムの食文化は奥深く、とても興味深い国です。

皮が厚くてパリッとしていて、なかは不均一な穴がところどころにあいているひきの強いフランスパンも好きですが、素朴でどこか懐かしく、どんな料理にも合ってしまうやさしい味わいのベトナムのパンもわたしは大好きです。

◇◆◇ バイン・ミー・ティッの材料 ~1本分~ ◇◆◇

フランスパン1/2本・ハム、ソーセージ(ソテーしたベーコン)など1枚ずつ・レバーペースト、バター適宜、きゅうりスライス2枚、野菜の甘酢漬け(←たれのなかの具材のみ)、3cm長さの万能ねぎ、ヌックマム(ナンプラー)適宜、お好みで香菜、輪切りにした赤唐辛子適宜

フランスパンに切り込みをいれ、バターとレバーペーストをぬり、具材をはさむ。ヌックマムを具材全体にかけてできあがり!

ぜひお試しください。

◆関連記事◆
トルコの名物サンドイッチ『 サバサンド 』はこちらを!
vol.1エスニックごはんでおもてなし 豚スペアリブのレモングラス風味
ベトナムからの本場レシピ【1】「生春巻レシピ」
ベトナムからの本場レシピ【2】「揚げ春巻レシピ」
ベトナムからの本場レシピ【3】ベトナム版お好み焼き
ベトナムからの本場レシピ【4】白身魚の生春巻
ベトナムのおふくろの味「山芋のつみれスープ」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。