中身が少し透けて見えるところにより食欲をそそられる生春巻き。
ひとくち口にすると、もっちりとしたライスペーパーのなかから、シャキシャキとした野菜とハーブが一気に口のなかに広がり、かみ締めるごとにライスペーパーの甘みと野菜のみずみずしさや香りが楽しめます。
ライスペーパーやグリーンリーフなどでいろんなものを包んで食べることの多いベトナムでは、生春巻きのバリエーションが豊富。そのなかから魚好きの日本人の口によく合う一品をご紹介したいとおもいます。




材  料 (4人分 - 8本 -)
 
・ライスペーパー8枚
・白身魚(めばるや鯛など)1尾
・レモングラス1本
・グリーンリーフ(食べやすい大きさ)3~4枚
・乾燥ビーフン30g
・青じそ8枚
・きゅうり(せん切り)1/2本
・万能ねぎ4~5本
・人参(せん切り)適宜
・もやし(ひげ根をとっておく)適宜
・お好みのハーブ(ミントやバジルなど)適宜
  
【タレ(ヌックチャム)】 
・にんにく(粗みじん切り)2かけ
・赤唐辛子(ぬるま湯で戻し刻んでおく)2本
・砂糖大さじ2
・レモン1個
・ヌックマム(ナンプラーでも)大さじ4
・水大さじ2

作 り 方
 
1.タレを作ります。にんにく、赤唐辛子、砂糖半量をすり鉢ですりつぶします。レモン汁、ヌックマム、残りの砂糖を加え、味見をしながら水を足して味を調整をします。
2.白身魚は内臓とエラ、ウロコをとり、水で丁寧に洗い、水気をふきとります。エラの穴にレモングラスをいれ、表面とおなかに軽く塩をふり、焼きます。
 
3.ビーフンは熱湯で約10分間茹で、流水にとってあら熱をとり、水気を切ります。
 
4.ライスペーパーを水で湿らせ、水で濡らして堅くしぼったキッチンクロスに置きます。その上にグリーンリーフ、ビーフン、野菜、ハーブ、ほぐした焼き魚をのせて巻き、タレにつけていただきます。
 

POINT
 
◆魚は表面がカリッとするまでしっかりと焼くと香りがアップします。
◆ライスペーパーは、少し湿らせてから半分にカットし、折りたたまずにくるくると巻くだけでもOKです。


< 関連記事 >
ベトナムからの本場レシピ【1】生春巻き
ベトナムからの本場レシピ【2】揚げ春巻
ベトナムからの本場レシピ【3】ベトナム版お好み焼き
ベトナムからの本場レシピ【4】白身魚の生春巻
ベトナムで大人気のサンドイッチ「バインミー」
ベトナムのおふくろの味「山芋のつみれスープ」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。