埼玉高速鉄道の鳩ヶ谷駅からすぐのところにある、温もりいっぱいのパン屋さん。特に、あの明るく気持ちのいい接客は魅力的で、通い詰めたくなってしまうほど。

店主の八村努さんと妻の奈都子さんは、「パン工房 風見鶏」で修業していたということもあり、店頭に並ぶ商品には似たようなものもいくつかあります。しかし、それはあくまでもほんの一部。ほとんどのパンが八村さんの感性から生み出されたものです。

4種類のなかから、好みの味を探せ!

お店の看板商品ともいえる「鳩パン」は、「プレーン」、「メープル」、「大納言」、「チーズ」(各1本420円 ハーフ210円)の4種類。ふんわりきめ細かな円筒状の食パンで、しゅるしゅる~っと口溶けがよく、ほんのりとした甘み&穏やかな旨みを潜ませています。

最もスタンダードな「プレーン」は、そのまま食べるのはもちろん、サンドウィッチにも最適。「メープル」は甘みが強いので、食事というよりはおやつ向き。また、ボクが最も好きな「大納言」は、心をくすぐる小豆のやさしい甘み&香りが、生地のおいしさにスーッと入り込んでいて、理屈抜きに美味! 「チーズ」は、トーストすることでチーズのコクが際立ち、生地の旨みを一段と深めてくれます。「プレーン」同様、いろいろな料理とも合わせられる一品ですね。

4種類それぞれが、違った味の魅力を持っているので、その時のシチュエーションにあったものを選ぶとよいでしょう。


季節限定。口溶けのいいクリームパン