東京プライドパレード
東京でパレードというと、2000年から行われてきた東京レズビアン&ゲイパレード(現東京プライドパレード、写真上)がよく知られています。毎年8月、ゲイやレズビアンなどのセクシュアルマイノリティたちが約3000人も集まり、代々木公園から出発して渋谷や原宿の街をカッコよく行進するのです。
東京プライドパレードは、2007年の夏に開催されて以降、しばらくお休みに入っていましたが、今年の8月14日、再び開催されることが決定しています(楽しみですね!)
 
今回行われたのは、「セクシャルマイノリティ学生プライドパレード」。GLOW(早稲田大学)、Rainbow Stage(関東学院大学)、D-Breeze(獨協大学)、早稲田大学セクシャルマイノリティ研究会(早稲田大学)、Rainbow College(インカレネットワーク)ほか、セクシュアルマイノリティの学生たちが集まり、世間にアピールしようというものでした。
フロートもなく、参加人数も少なく、決して大規模なものではありませんでしたが、二丁目からスタートし、新宿の街を縦横無尽に歩き、まるで文化祭のような、手作り感あふれる青春パレードになりました。

ゲイやレズビアンの学生たちは、10年以上も前から学内にサークルを作ったり(GLOWは1991年から活動しています)、二丁目で「大学生ナイト」を開催したり、最近ではインカレネットワーク「Rainbow College」がパレードにフロートを出したり、イギリスのユースと交流するプロジェクトに加わったり、様々に活動しています。
90年代に活躍していたゲイの人たちは(ゴトウも含め)軒並みアラフォーやアラフィフになっていますが、こうやって若い世代ががんばっている、そのパワーに、日本のセクシュアルマイノリティの未来を夢見ます。

ちなみに、あまり知られていないと思いますが、東京でパレードが行われていなかった時代(1999年)、レズビアンの人たちが「ダイクマーチ」という100人規模のパレードを開催したことがありました。渋谷の宮下公園を出発し、明治通りを歩いて、新宿二丁目の新宿公園に到達するというもので、小規模ながら、アットホームな生き生きとしたパレードでした。

今回もそうですが、数千人規模のパレードをやろうとすると本当に大変なことが、100人以下ならわりとフレキシブルにできるわけで、そういうムーブメントがたくさんあっても、それはそれで素敵なことだなあと思いました。
では、「セクシャルマイノリティ学生プライドパレード」の模様をレポートいたします。
セクシャルマイノリティ学生プライドパレード
とても天気がよかったのですが、カメラの不調で思いのほか画像が不鮮明になってしまいました…申し訳ありません。