【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
映画を観るポイントはいろいろありますが、優れた映画とは、観客の心を動かすような力を持つと同時に、観る視点によって様々な解釈ができるもの。映画『ミルク』もそうです。

ハーヴェイ・ミルクというと政治家のイメージが強いですが、どこにでもいる一人のゲイの生き様を描いた作品でもあり、ミルクと彼氏との愛の物語でもあり、誰でもが楽しめるエンターテインメント作品になっています。

オスカーにも輝いた話題作を、一人のゲイの「愛」と「生」と「死」という切り口でお伝えしてみたいと思います。


(C) 2008 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED


「愛」~ハーヴェイと愛し合った男たち


ゲイカップル
若き日のハーヴェイとスコットは本当に幸せそう
ハーヴェイ・ミルクの最初の彼氏は、街中で知り合った若くてハンサムな青年、スコット・スミスでした。この役をジェームズ・フランコが演じているところが素晴らしいです。単にセクシーというだけでなく、優しさと繊細さを持ち合わせています。ベッドの中でほほえみかける彼は、超ド級のまぶしさ。あの笑顔で見つめられたら、たいがいの人はイチコロです。「あんな人が彼氏だったらいいなあ」って思う人、多いハズ。

主演のショーン・ペンは(かつてマドンナと結婚していたバリバリのストレートであるにも関わらず)、この映画の成功のために、自ら提案してスコットとのラブシーンを演じたそうです。この美しく、リアルなシーンのおかげで、二人がどこにでもいるゲイのカップルで、幸せいっぱいで、希望に満ちていたことが鮮やかに伝わってきます。

セクシーで、純粋で、忠実にハーヴェイを支えてきたスコット。でも、二度の選挙で文字通り「女房役」に徹し、ボロボロになります。もしあの時代(闘いの季節)じゃなかったら、きっと二人は幸せに暮らしつづけることができたでしょう…。本当にせつなく、胸が痛みます。

そして、不意にハーヴェイの前に現れたジャックが、新しい彼氏になります。ジャックは確かに魅力的だけど、少し頭と心が弱く、忙しいミルクの足を引っ張ります。だだをこねるジャックにミルクは振り回されっぱなし。そして悲劇が起こるのです…。言葉もないくらい、衝撃でした。

そんな中、スコットは、ちょっと離れたところからいつもハーヴェイを気にかけ、見守っています。そして、ダン・ホワイトの凶弾に倒れる悪夢の日がやってくるわけですが、その前夜、ハーヴェイはスコットに電話をかけます。ひとことひとことの静かな語りの中に、ハーヴェイとスコットの絆が、おたがいを思う気持ちがにじみ出ています。このシーンがあったからこそ、観終わった後の感動が生きるのです。

30年前のゲイカップルの愛のカタチは、今の僕らのそれと何ら変わりません。だからこそ、『ミルク』は広く共感を呼ぶ映画になったのです。
ゲイカップル
スコットは本当はずっとハーヴェイのことを…。ハンカチを用意して観てください