同性愛 ガイド 後藤 純一

ごとう じゅんいち

ゲイライター歴21年のベテラン。同性愛のことなら何でもおまかせ!

ゲイライター/エディター、パフォーマー、イベントオーガナイザー、パレードやHIV予防啓発などのコミュニティ活動に携わってきた人…いろんな顔(千の仮面)を持っていますが、素顔は、愛と平和に生きる、どこにでもいるような小市民です。

得意分野

ゲイカルチャー(ドラァグクイーンとか)、ゲイシーン(イベントとかクラブとかゲイタウンとか)、ゲイムーブメント(パレードとか人権擁護の活動)、ゲイマーケット、セクシュアリティやジェンダー

活動実績

執筆ガイド記事本数163
メディア掲載実績4
執筆書籍数1

ガイドからの挨拶

All About[セクシュアルマイノリティ・同性愛]をご覧のみなさん、こんにちは! ガイドの後藤純一(ニックネームはJunchan)です。

ここではゲイやレズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダー、その他さまざまなセクシュアリティ(性的少数者)の方や、そうしたセクシュアルマイノリティに関心のある方のために、ゲイライターとして、出会い、恋愛、パートナーシップや、LGBTのいろいろ(パレードをはじめとするイベントや社会との関わり)、ゲイライフのこと、ゲイカルチャーなどについて、お伝えしていきたいと思います。

同性愛は自然(自然界がそもそも多様)であり、生まれつきの要素が強い(自分では変えられない)のですが、世間ではなかなか理解されず、不条理な扱いを受けてきました。最近は社会もずいぶん変わってきて、行政が同性パートナーシップを承認したり、企業でもLGBTを包摂する取組みが始まっています。ひとりでも多くの方がアライ(支援者)になってくださったら、とてもうれしいです。

SEXから政治まで、縦横無尽に記事をお贈りしますので、お楽しみに。
どうぞよろしくお願いいたします!

後藤が編集長を務めるゲイサイト「g-lad xx(グラァド)」も見てみてください。

メディア掲載実績

新聞図書新聞
後藤純一氏インタビュー 『職場のLGBT読本』(実務教育出版)をめぐって
2016年09月17日
雑誌GQ
特集「クールな夫になる・新しい家族のカタチ~同性カップル編」~記事執筆~
2013年03月23日
雑誌CREA
コーナー「愛の言騙(コトダマ)」~“添い寝フレンド”解説内で記事引用~
2012年12月07日
新聞シティリビング横浜
記事「おネエno部屋」~今月のお客様として登場~
2012年11月02日

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • LGBTを公的に支援しなくてはいけない理由

    LGBTを公的に支援しなくてはいけない理由

    国会議員が「生産性のない同性愛者は支援しなくてよい」などと主張して、炎上しました。世間でも、「国会議員の言い方には賛同しかねるが、支援の必要性は感じていない」と言う方も少なからずいらっしゃるようです。そこで今回は、「なぜLGBTを公的に支援しなくてはいけないのか」を、改めて書くことにしました。

  • 性の多様性を描くクィア・ドラマの新時代が到来

    性の多様性を描くクィア・ドラマの新時代が到来

    2018年は、『弟の夫』『女子的生活』『隣の家族は青く見える』『おっさんずラブ』といった素晴らしいドラマが相次いで放送され、話題を呼び、好評を博しました。そこで今回は、性の多様性を描いたクィア・ドラマの過去、現在、未来という切り口で、お届けしてみたいと思います。

All About NEWS 新着記事