祝い箸の由来

どちら側でも使える祝い箸。一方は神様のためのものです。
おせちをいただくときは、慶事用の「祝い箸」を使います。祝い箸は末広がりの八寸(約24センチ)で縁起が良く、「両口箸」「柳箸(家内喜箸)」「俵箸」とも呼ばれています。その呼び名から、なぜおせちに相応しいのかがわかりますよ。

■両口箸
両方の先端が細くなっていますが、一方は神様用、もう一方を人が使う“神人共食”を意味しています。おせちには年神様へのお供えものを分かちあっていただくことで、新年を祝い幸せを授かる意味があるので、両口が使える箸で年神様と食事を共にするわけです。

■柳箸
お祝いの席で折れたりするのを忌み嫌うため、丈夫で折れにくい柳の木が使われています。縁起良く「家内喜」と書くこともあります。

■俵箸
中ほどが太めにできているのは、五穀豊穣を願い米俵を模しているからです。また、「はらみ箸」と呼んで子孫繁栄を表したり、「太箸(たいばし)」と呼ばれることもあります。

 

祝い箸の使い方

祝い箸は記名した箸袋に入れて。おせちの前後は⇒おとそとお雑煮です。

お正月の祝い箸は、大晦日に家長が家族の名前をそれぞれの箸袋に記入し、箸を入れて神棚などに供えておくのが習わしです。その箸を元旦に用いたら、自分で清めて(洗って)、松の内(~7日)は同じ箸を使います。

いずれも手軽なことなので、できることから取り入れてみてはいかがでしょう。箸袋に水引を結んだり、手作りしても楽しそうですね。

また、祝い箸は両方とも使えるようになっていますが、ひっくり返して取り箸にしたりするのはタブーです。(その理由は上記【両口箸】参照)


お正月の祝い膳は、重箱に詰めたおせちばかりでなく、おとそやお雑煮も含めて成立します。食べる順番やいただき方、由来なども押さえておいてくださいね。
【おとそ】【お雑煮】のいろは
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。