中秋と仲秋では意味が違います

澄んだ秋空は月を眺めるのに最適です!
■十五夜クイズ・3…… 「チュウシュウノメイゲツ」を漢字で書くと?

A:「中秋の名月」 ⇒○ 正解です!
B:「注秋の名月」 ⇒× 違います。
C:「仲秋の名月」 ⇒○ こちらも正解です!


「中秋の名月」も「仲秋の名月」も正解。漢字によって意味が違うのです。

【仲秋の名月】
旧暦において秋とは7月・8月・9月をさし、さらに7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋といいました。つまり仲秋とは8月の別称で、仲秋の名月=8月の名月という意味になります。

【中秋の名月】
秋のちょうど真ん中の日を中秋といい、8月15日が中秋にあたります。そのため、中秋の名月=8月15日の名月という意味になり、十五夜のときは中秋の名月と書く場合が多いのです。


十五夜クイズ、いくつ正解されましたか? 一見簡単そうですが、思い込みが邪魔をしていることって多いもの。スッキリしたところで、お月見の関連情報もチェック!
 
「あれ?どう見たら月うさぎに見えるの?」「ところで、なんで月にうさぎがいるの?」⇒答えはこちらです。

「あれ?どう見たら月うさぎに見えるの?」「ところで、なんで月にうさぎがいるの?」⇒答えはこちら

【関連記事】
心豊かにお月見をする方法:十五夜の過ごし方
月見だんごの供え方・並べ方!団子の形や数は?
これでバッチリ!十五夜の楽しみ方
月の模様 月うさぎが海を越えたら……
十五夜、十三夜、十日夜の3月見とは?
月の名前~満ち欠けと風流な呼び名
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。