4月22日 ~富山

久々に青空の休日となり、桜の下でお弁当を広げるグループもちらほら。染井吉野はそろそろ見納めですが、八重桜はまだ蕾のままです。

 
■ガイド名:三浦康子 【暮らしの歳時記】
■撮影場所:富山県高岡市 高岡古城公園
「花びらの絨毯で遊ぶ子供達には、「滑るから転ばないようにねー」と言う母親の声も届きません。案の定…コケました」

◆おススメ記事: 名入れOK!子供用和食器~小さな手に愛情を
「器の大きな人になってほしいけど、小さな手に大きな器は考えもの。驚くほど小さなサイズまで揃った子供用和食器専門店のご紹介です」



4月19日 ~石川・金沢

散り行く姿も美しい……記憶とともに写真に残しておけたら素敵でしょうね。

 

■ガイド名:瀬川 陣市【写真撮影】
■撮影場所:石川県金沢市
「北陸の桜も見納めの時期のようです。ですけど最後のピンクのカーペットも素敵です。名残惜しい気持ちで踏みしめたいものですね」

◆おススメ記事: 露出なんて簡単カンタン!?
「せっかく写真を撮るなら自分の思うまま撮りたいように写真をコントロールしたいですね。そのためにもまずは露出をマスターしませんか?」



4月18日 ~スイス

3月26日にまだまだ蕾の桜ショットを送ってくれた大野エグルガイド。やっと開花したと思ったら…「桜前線の写真を、と思い、旦那の実家に出向いた時に桜の木を見に行ったのですが、なんと、雨で散ってしまっていました(泣)。ほんとうに、咲いていたのは1、2日の間だったらしく、もうすでに葉桜…というより、葉、のみ。写真が撮れなくてごめんなさい!」 う~ん残念。。。

そこで番外編!「その隣のアンズの木の写真を送ります。アンズの木はスイスではとてもなじみのある木で、これから夏にかけて、無人のアンズ売り場が山中にたくさん出てくる予定です。ドイツ語では“アプリコーゼ”、英語だと“アプリコット”ですね」 スイスの春をお楽しみください。

 

■ガイド名:大野エグル瑠衣子 【ヨーロッパの時事・トレンド】
■撮影場所:スイス
「家の庭の杏の木。これから実がなって、杏のタルトを作る時期がやってきます。スイスでは多くの家庭の庭に杏の木が植えられていて、この木の花が春の訪れを告げます」

 
「春がやって来たので、羊も外に出てきました。子羊もたくさん。まだ毛がむくむくで、とってもかわいらしいです。ちなみこれは、家の窓からの光景です」

「春のヨーロッパの一大行事といえば?スーパーはカラフルになり、卵パックを買いあさる人々で溢れかえります。そして、ヨーロッパの帰省ラッシュがはじまります!」



4月17日 ~信州

高遠の開花は13日。20日現在満開で、23日頃までが見頃だそうです。

 

■ガイド名:森 俊二 【信州】
■撮影場所:長野県伊那市高遠 高遠城址公園
「高遠城址公園の桜!4月17日行ってきました。当日は、平日の午後4時頃の時間帯だったので、途中の渋滞もなく日帰りの観光バスが帰った後の空いた駐車場に車を停め、五分咲きのコヒガンザクラを楽しんできました」

◆おススメ記事: 天下の名桜!高遠コヒガンザクラ
「高遠城址公園の桜は、天下の名桜と呼ばれ、同一種類の桜が、1500本。城趾を埋め尽くしているのでそれは見応えがあります」