甘酒洋菓子「はいからセット」

甘酒タルト
「甘酒タルト」
甘酒を凝縮したクリーム。
冷してどうぞ。
ちょっと気になる「はいからセット」というメニューを見つけました。ご主人の友人のお菓子工房「ルボンラパン」が作る甘酒洋菓子で、「甘酒マドレーヌ」、「甘酒タルト」、「甘酒パイ」の3種類があります。

甘酒マドレーヌ
親指大の小さな焼き菓子
「甘酒マドレーヌ」
食感はもっちり。
卵もバターも使わず、甘酒とメープルシロップ、菜種油などで作る「甘酒マドレーヌ」はもっちりとした不思議な食感です。

甘酒パイ
「甘酒パイ」
少し温めると
バターと甘酒の香りが膨らむ
3つの中で私が一番気に入ったのは「甘酒パイ」。バターと甘酒の相性の良さに気づかされる新しい味です。トースターで軽く温めると香ばしさが増し、より美味しく頂けます。

「ストレート甘酒」の夏の楽しみ方

ストレート甘酒
手軽な「ストレート甘酒」
夏は冷凍庫に常備したい
「甘酒」や「久方味噌」、「はいからセット」などは店内で楽しむだけではなく、店頭やオンラインショップでも購入可能です。

この夏、私が冷凍庫に常備しているのは薄める必要がない「ストレート甘酒」です。このまま飲んでも美味しいのですが、袋ごと冷凍庫に入れておいて、アイスキャンデー感覚でシャリシャリと食べるのが気に入っています。

美味しくて体にも良い「甘酒」は、見直したい食材の1つです。まだ物があふれていなかった時代の食べ物、そしてその食べ方には様々な知恵や願いなどが隠れていることがよくあります。甘酒も美味しい飲み物として楽しんだだけではなく、夏を元気に過ごすための生活の知恵でもありました。この夏は栄養ドリンクの代わりに甘酒を飲んでみてはいかがでしょう?

<店データ>
「天野屋」
「天野屋」オンラインショップ
所在地:東京都千代田区外神田2-18-15 
電話番号:03-3251-7911 
Fax番号:03-3258-8959
営業時間:10:00~18:00(平日)
10:00~17:00(日、祝)
定休日:4月2週目~12月1週目の各日曜日及び夏期休業日(海の日及び
お盆休み:8月10日~17日)
JR、東京メトロ丸の内線 御茶ノ水駅より徒歩約7分
地図: Yahoo!地図情報
※店内喫煙可
◇予算一例:
「氷甘酒」500円(5月中旬~10月頃)
「甘酒」400円
「冷し甘酒」450円
「ハイからセット」持ち帰りは3種類1セット735円

【夏向きの和菓子のお店】
生麩専門店の「麩まんじゅう」角山本店
「赤坂相模屋」あんみつ・豆かん・水羊羹他

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。