四季折々の「上生菓子」

地蔵尊
とげぬき地蔵に因んだ
煉切の「地蔵尊」は
定番菓子
様々なお菓子が並ぶ中、一番力を入れているのは、やはり上生菓子とのこと。店頭に並ぶ15種類以上の上生菓子のうち、10種類以上が季節によって入れ替わるので、四季折々楽しめます。

宮城野羹
見本帖そのままの
「宮城野羹」
見本帖そのままのお菓子「宮城野羹(みやぎのかん)」。和三盆糖を使った上品な甘さの小豆羹の上には、通常の抹茶羹に替わり季節限定の柚子羹が重ねられていました。
歌枕「宮城野」の銘がついたお菓子を、どのような人がどのような時に口にしていたのか。遠い昔に思いを馳せながら頂きました。

菜の花きんとん
季節替わりの
「菜の花きんとん」
菜の花畑に舞う蝶
うらうらとした春の気配を感じる「菜の花きんとん」は季節替わりのきんとんです。ほのかな柚子の香りが、まだ冬だということを思い出させてくれました。

「そめい桜の道明寺」、「さくらもち」

そめい桜の道明寺
「そめい桜の道明寺」
桜の葉の塩漬けが
全体を引き締めます。
染井霊園の桜並木を通学路にしていた私にとって、この辺りは桜のイメージ。特に春先には、桜に因んだ甘味に引き寄せられます。

さくらもち
「さくらもち」
春先の定番!
今の季節、何はさておき桜餅。福島家では焼き皮の「さくらもち」と「そめい桜の道明寺」の2種類が作られています。桜の香りあふれる定番の美味しさです。

染井さくらあんみつ
「染井さくらあんみつ」
桜尽し
器の中がほんのりピンク色に染まった「染井さくらあんみつ」。桜葉の塩漬けを刻み込んだ寒天に桜アイス、桜風味の蜜に桜葉と桜の花が添えられ、桜尽しです。

次ページでは、こだわりの栗のお菓子と店舗情報をご紹介します>>