銀座が「ホタル」に染まる一週間。様々な角度から和菓子の楽しみ方を提案している「源 吉兆庵 銀座店」の6フロア全てが、07/6/11~17までホタル一色に染まります。「銀座生まれ岡山育ち」のホタルを観賞する「源氏ボタル観賞会」を始め、ホタルをイメージした工芸菓子・創作菓子・創作デザート・懐石料理まで楽しめる、ホタルづくしの一週間です。

(目次)
P1 初夏の銀座で「源氏ボタル観賞会」と工芸菓子「銀座の蛍」
P2 創作和菓子・デザート「銀座の蛍」
P3 源吉兆庵 銀座店ホタルのイベント詳細

初夏の銀座で「源氏ボタル観賞会」(2F)

源氏ボタル
初夏の銀座でホタル観賞会
(07/6/11~6/17)
(写真は昨年の様子)
2003年からスタートし、今年で4回目を迎える源 吉兆庵 銀座店の「源氏ボタル観賞会」は、銀座の中心で初夏の風物詩、ホタルを観賞するイベントです。ホタルに必要なのはきれいな水と幼虫が越冬する土。この観賞会は、本社のある岡山で同店が進めてきたホタルが棲める環境作りの賜物なのです。

今年のホタルは昨年の観賞会で産卵した卵を岡山で育てた「銀座生まれ岡山育ち」のホタルです。観賞できるのは銀座店2Fの特選和菓子フロア。仕事帰りの方も立ち寄りやすい、午後7時から9時までの夜のイベントです。

工芸菓子「銀座の蛍」(1F)

工芸菓子「銀座の蛍」
工芸菓子「銀座の蛍」
(07/6/11~6/17)
もち粉や水飴など食べられる素材で作る細工菓子は「工芸菓子」と呼ばれます。独立した工芸菓子部門を持つほど工芸菓子の制作に力を入れている源吉兆庵で、この一週間のために製作されたのが銀座店1Fに展示されている工芸菓子「銀座の蛍」。

ホタル
職人技!
初夏の夜に幻想的な光を放つ蛍が細部まで美しく表現されていて、職人技に魅せられます。

次ページでは、創作和菓子・デザート「銀座の蛍」をご紹介します>>