熟柿と葡萄の葛仕立ての材料・分量(2人分)

材料
「熟柿、旬のジュース、葛粉又は片栗粉」
冷凍庫に柿があれば、5分でできます
完熟柿 2個
果汁100%赤ぶどうジュース 80cc
水(ジュース用) 20cc
葛粉 大さじ1弱(約8g)
水(葛粉用) 大さじ1弱
*ぶどうジュースはりんごやみかんジュースで、葛粉は片栗粉で代用可。

熟柿と葡萄の葛仕立ての作り方・手順

冷凍柿
1:完熟した柿は丁寧に洗い、皮もヘタもつけたまま冷凍しておき、使う1時間ほど前に冷蔵庫に移しておきます。(もしくは作る数時間前に完熟柿を冷凍庫に入れ、半分凍った頃に取り出して使います。)
包丁が入る程度まで解凍したら、上1/4の位置で切ります。上部はふたにするので、捨てないでください。


2:赤ぶどうジュースと水(20cc)を合わせて鍋に入れ、中火にかけ、沸騰してきたらアクをすくい、一度火を止めます。


葛粉
3:葛粉を水(大さじ1弱)で溶かし、ぶどうジュースに混ぜ、再び中火にかけます。
焦げ付かないように、木べらでよく練りながら、とろみをつけます。


※ワンポイント
ダマのない滑らかな仕上がりのために、葛粉はしっかりと水で溶かしてからジュースと混ぜてください。


仕上げ
4:とろみがついてから、さらに数分よく練り、火から下ろして軽く荒熱を取ります。
カットしておいた柿にかけ、軽くふたをして完成です!


完成!
果物の甘みだけで作ったデザート。
シャリシャリとろり、の美味しい食感!


ワンポイント


凍った柿も、温かいぶどうの葛あんをかけるとすぐに食べ頃の半解凍になります。
熟しすぎた柿を冷凍庫に入れておけば、思い立ったときにいつでも作ることができるお薦めデザートです!


【関連記事】
■その他和菓子のお店
シンプルな美を追求「ちもと」(都立大学)
節分には和菓子を「文銭堂本舗」「さゝま」
■もう一品つくるなら
坊ちゃん南瓜のヘルシー蒸し羊羹レシピ
豆腐とユズで作る、初雪風の寒天デザート
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。