シンプルな美しさが映える「季節の上生菓子」

ちもとの上生菓子
上「万寿菊」「桔梗」
真中「初かり」
下「菊の花」「織部饅頭」
各242円
「他の店が華やかさを目指す中、うちが目指すのは逆方向のシンプルさ。それがかえって目立つ結果になっているのが面白い。」とご主人。写真の秋の上生菓子も、シンプルなものが中心です。
「万寿菊」と「桔梗」は練切(注1)。「初かり」は求肥(注2)。「菊の花」はきんとん(注3)。「織部饅頭」は織部焼をデザインした薯蕷饅頭(注4)。

華やかな形にしたり、装飾を多くしたりすればごまかしがきく。それが嫌なので極力装飾を省いた菓子作りをする。そのご主人の手による上生菓子は、どれも心に染みるような味わいです。

(注1)「煉切」主に漉し餡に求肥や寒梅粉を加えて煉り上げ形作るもの。
(注2)「求肥」白玉粉、水飴などを煉り上げた柔らかな餅菓子。
(注3)「きんとん」餡玉の周囲にそぼろ状の餡をつけたもの。
(注4)「薯蕷饅頭」薯蕷(じょうよ)芋から作る真白な饅頭。



発送、イートイン、お持ち帰り。楽しみ方も多種多様

ちもと内観
ご主人が慕う建築家の手による店内。
大きな石と厚いガラスで「無垢(むく)」を表現
席数は10席ほどと少なめですが、大きなテーブルが配置された喫茶スペースで、くつろぐこともできます。出来立てが何より美味しい上生菓子を、美味しいお茶と共にいただく至福の時間。夏季限定のカキ氷は店の外まで列ができるほどの人気ぶりです。

名物の八雲もちや最中、羊羹など一部の商品は発送も可能なので、お店でお菓子を堪能したあとに相談してみてください。(生菓子は日持ちがせず崩れやすいので発送は不可。)



ちもとの「草だんご」
「草だんご」(1個137円)
コクとキレのある餡で包まれた懐かしいよもぎだんご!
ところで、ちもとの菓子をさらに印象深いものにしているのは「コクとキレのある餡(あん)」です。ちもとでは餡を炊く際に渋きりはせず、小豆を鍋に入れて水を張って火を付け、途中水を足して煮上げていきます。炊き上がった後、流水で水がきれいになるまでよく晒すことで、小豆のコクをしっかりと閉じ込めつつ、アクのない餡が出来上がります。

上生菓子はもちろん、写真の「草だんご」の周りをたっぷり覆っているのも、この餡。昔ながらの乾燥ヨモギを使った草だんごは、ちもとの隠れた名物です。「先代の味をそのまま守りたいから。」昔からの味を求めてやってくるお客様のため「変わらない」味を守るのも役目の一つ。




<店データ>
■御菓子所ちもと
所在地:東京都目黒区八雲1-4-6
TEL:03-3718-4643
営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日
東急東横線 都立大学駅より徒歩約3分
地図:Yahoo!地図情報
予算:八雲もち158円、上生菓子各242円、草団子137円(全て税込)

【関連記事】
■簡単ヘルシー和菓子レシピ
坊ちゃん南瓜のヘルシー蒸し羊羹レシピ
豆腐とユズで作る、初雪風の寒天デザート
完熟柿とぶどうの葛仕立てデザートレシピ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。