琥珀色に輝く甘露


チュイレ1988年(ドメーヌ・カズ)
もっと古いヴィンテージで、赤ワインか白ワインか判らないほどトロリと熟成したものがいいというあなた。お勧めしたいのはフランス南部のルシヨン地方でスペイン国境に近い、リヴサルトという地域の生産者ドメーヌ・カズがじっくりと熟成させた「チュイレ」という名のワインである。

少量だけ輸入されたという1988年ヴィンテージはじつに美しい琥珀色に輝く。このワイン、銘柄を伏せて出されたら上質のトーニー(熟成タイプ)ポートと間違えそうな素晴らしい芳香だ。白っぽいサルタナレーズンのような熟した果実味で、南仏で広く使われるブドウのグルナシュ・ノワール種だけで造られ、そのふくよかさも感じられる。

何よりフルボトルの実売価格がたったの4千円前後である。それで1988年から20年も熟成した甘露が味わえる。さらに若い1998年ヴィンテージであればさらに値打ちに手に入る。リヴサルトの甘口ワインには透明で若々しい「ミュスカ・ド・リヴサルト」もあり、カズ社のものは2,000円前後とさらに手頃だ。

何も考えずに知名度の高いワインを贈るのは安心かも知れないが、それは誰にだって出来ることだ。今回挙げたような個性豊かなワインを見つけ出して、あなたらしいプレゼントを演出して欲しい。




→ Page 1: 甘口ワインの基礎の基礎
→ Page 2: 『雌狐』の甘美な罠
→ Page 3: 有機栽培ブドウの滋味
→ Page 4: 琥珀色に輝く甘露
→ Page 5: 関連リンク