これだけは憶えておきたい!

■ ボジョレ・ヌーヴォーって何?

「ボジョレ」はフランス、ブルゴーニュ地方のいちばん南寄りに広がる地域とそこのワイン。主にガメイ種から赤とロゼ、そしてシャルドネ種から白が造られている。ボジョレで「ヌーヴォー」(新酒)と書かれて流通するのは赤とロゼだけと法律で決まっているが、生産量は赤がほとんど。

■ でも白のヌーヴォー、たしか売ってたような……?

それはボジョレ以外の地域の白ワイン。よく見てみると、ラベルにボジョレと書いてないことに気付くだろう。特に隣接するマコン地区の白を、ボジョレの赤と組み合わせて売ることが多いが、フランス以外の国からの新酒をヌーヴォーと称する場合も無くはない。

この2点、ボジョレが地名&ワイン名であること、白はボジョレ新酒ではないことを憶えておけば、他の地域のワインと見分けることが出来る。ここからは本物の「ボジョレ・ヌーヴォー」についてさらに詳しく見ていこう。