魔術師とコイン

「はいそれでは、ワインに十円玉を入れてください」指示どおり、グラスの白ワインに十円玉を入れる。するとグラスの中に入れた十円玉が消えた! …のではない。消えたのはワインのアロマ。マジシャンでもイリュージョニストでもない、富永博士のレクチャーでよく見られる光景である。

富永博士がグラスに鼻を近づけて白ワインの香りをかぐ
注意深くワインの香りを評価する富永博士

富永敬俊博士は、ボルドー大学の通称「白ワインの魔術師」ドゥニ・デュブルデュー教授の下でワインの香りの研究をしている。研究成果の一部で、銅に吸着されて香らなくなる成分があることが分かった。それを実証するのが冒頭の実験である。ワインは当然飲めなくなるが、香りはがらりと地味に変わる。

この富永博士とシャトー・メルシャンが共同研究をしており、『甲州きいろ香』というワインにその成果が生かされている。2005年ヴィンテージの発売に先立って行なわれたプレス発表の様子をお伝えしよう。

富永博士の研究について≫