茶樹(狭山の茶園・やぶきた)


茶の学名

茶はツバキ科(Theaceae)の植物です。学名はCamellia sinensisです。

まず、基本知識として、学名とはなにか、ちょっと紐解いて見ましょう。

現在、植物の学名は「ラテン語」によって表現されます。これは万国共通となっています。通常、植物学の分類として、科名、属名、種小名と区分され、学名という場合は、属名と種小名だけで表現されます。したがって、茶の場合、属名は「ツバキ属(Camellia)」、種小名は「sinensis」となり、学名は「Camellia sinensis」(学名の表記は、正式にはイタリック体が使われます。)となります。

ちなみに、Camelliaは「つばき」を意味し、sinensisは「中国」を意味します。

さらに、学名はその下に様々な分類が設定されます。おもなものとしては、

 「var.」 =「~の変種」
 「f.」 =「~の型」
 「form.」=「~の型」
 「cv.」 =「~の園芸品種」
 「sp.」 =「~属の一種」
 「spp.」 =「~属の数種類」
 「subsp.」 =「~の亜種」
 「~ × ~」=「~と~の交雑種」(×はクロスと読む)

があります。

茶の学名の変遷

雲南省[孟力][月昔](モンルン)県
の古茶樹の花
さて、お茶の学名は、様々な論争や変遷を経て現在に至っています。それは、西洋における茶の探求の歴史ともいえるものなのです。その後を少しばかり辿ってみましょう。

まず最初に茶の学名を考案したのは、スウェーデンの植物学者リネン(Carl von Linne)です。1753年に有名な『植物学』という著作で「テア・シネンシス」と名付けました。「チャには花弁が6枚のものと9枚のものとがあり、あるいは別種に属すかもしれない」と記載をしています。さらにその第二版において、緑茶を「テア・ボヘア」、紅茶を「テア・ヴィリディス」と分類しました。

中国緑茶、龍井の茶樹
その後、同じ木から紅茶と緑茶が作られることが判明し否定され、学名の混乱が始まります。その結果、1818年にイギリスの植物学者スウィートがチャとツバキが同一種であるとの学説を発表するまでの200年間で、チャ属(Thea)かツバキ属(Camellia)かで100余種の学名が登場する有様でした。

ちなみに、ツバキがCamelliaとされたのは、東洋から西洋にツバキを持ち込んだといわれる17世紀のチェコスロバキアの宣教師「ゲオルグ・ジョセフ・カメル(G. J. Kamell)」名にちなむものであるといわれます。

さて、現在の学名であるCamellia sinensisを命名したのは、ドイツの植物学者 クンツです。1887年のことでした。したがって、命名者の名前が学名の後にCamellia sinensis (L.)O. Kuntzeと表記される場合もあります。