気軽にお茶を飲むために

中国茶の醍醐味は、ちゃんとした淹れ方で、最適なお茶を淹れること。それぞれのお茶にあった茶器を使用し、お茶にあった水を選び、湯の温度、茶葉の量、蒸らし時間なども、適切にする。そうすることで、本当に美味しいお茶を淹れることが出来るわけです。

しかし、そのように淹れたお茶を飲める時間は、そうそう取れるものではありません。休日の昼下がり、自分の自宅でゆっくりと自分の茶器を利用して淹れるときや、仲のよいお茶仲間とちゃんとした場所で茶藝を楽しむとき。

そのような特別な時間でないと、最も適したお茶を楽しむことが難しいのかもしれません。

でも、そうでない大多数の時間の中私たちは生活しているわけで、だからこそ、そんな日常の生活の中でこそ、手軽に美味しいお茶を飲みたいですよね。

たとえば、会社のオフィスで美味しいお茶を飲みたいとき、皆さんはどうしていますか?

茶壷を持ち込むことも、蓋碗を持ち込むことも、選択肢としてはあるかもしれません。中国茶ガイドひらたも、実はそんなことをしていた時期がありましたが(笑)、でも、日常生活では現実的ではありません。

[男のこだわりグッズ]ガイドの納富さんが書いた『drinkin' cha』では、いろんな人のミニマム茶器などが紹介されていますが、そんなミニマムな茶器でもおいしいお茶は淹れられるのです。場所を問わずにミニマムでお茶を飲む方法として、たとえば「茶漉し付きのマグ」とか「タンブラー」とか、そんなものが利用できます。

でも、今回はあえて究極のミニマム仕様で、身近に美味しいお茶を楽しんでしまいましょう。