「あるある大辞典」で「凍頂烏龍が花粉症に効く!」と放送されてから、台湾のお茶を扱うお店の店頭からすっかり凍頂烏龍がなくなってしまいました。さすが、健康関連番組として人気を誇るだけはありますね。しかし、その報道にはいろいろと誤解があるのではないかという点を前回の記事でもご紹介しました。
そして、ここにきて便乗商法というか、悪質な偽物を凍頂烏龍として販売しているものを見かけるようになりました。そこで、どんな偽物がでまわっているのか、そして実際に凍頂烏龍を買うときに確認すべき点、さらに凍頂烏龍と同じ品種のお茶のご紹介をしたいと思います。

■ 偽物には要注意
さて、凍頂烏龍茶といえば緑色の小さな粒のように丸まったお茶(火入れが強いものは、やや茶色味を帯びています。)なので、中国茶に興味を持っている方ならだれでも知っているほど有名なお茶なのですが、この世の中、まだまだ中国茶を知らない方のほうが多いのが現状です。そんな人たちも今回の騒ぎで「凍頂烏龍茶」を買ってみようかと考えているのだと思いますが、いままで台湾のお茶を扱っていなかったお店までが凍頂烏龍を売り始めたために、とんでもないものまで「凍頂烏龍茶」にされてしまっています。まず、凍頂烏龍偽物のご紹介から。

○ 日本茶のグリ茶(玉茶)を茶色に焙煎したもの
これは粗悪品の最たるもの。凍頂烏龍茶が品薄であるところに目をつけた卸業者が、なんと釜入りのちょっと丸まっている茶葉をほうじ茶のように茶色く焙煎して、あたかも烏龍茶のように見せて販売しています。これは明らかに詐欺。是非気をつけましょう。花粉症にもこれでは効かない可能性大です。

○ 大陸産の烏龍
大陸の安い粗悪な烏龍茶を凍頂烏龍として販売しているケースが見うけられます。凍頂烏龍は台湾で作られるお茶です。最近では大陸産の凍頂烏龍もないとは言えませんが、基本は台湾のお茶だと認識してください。大陸産の烏龍茶の花粉症効果はまだ実証されてませんので、花粉症に効くかはどうも不明です。品種の問題とすれば、効くかもしれませんが、台湾のお茶よりも通常大陸のお茶は製茶するときに発酵させる度合いが強いので、メチル化カテキンが分解されてしまう可能性が高いと思われます。

○ 大陸産の烏龍とのブレンド
どう見ても、これは凍頂烏龍じゃないだろうというお茶がブレンドされているものが見受けられます。これも偽称としかいえません。もしかしたら絶妙なブレンドということも有るかもしれませんが、むしろ高い凍頂烏龍茶を水増しするために安い大陸産の烏龍茶を混ぜたという感じがします。飲んでおいしければ良いのですが、あまりおいしいとも思えません。

○ 粗悪品
凍頂烏龍茶であればどんなお茶でもいいのかと声を大にして言いたい!確かに品薄なのはわかりますが、こんなお茶売るか?と思うようなものも売られていますので注意が必要です。特に、クラッシュした茶葉が多く混ざっているもの(花粉症対策だけならむしろこっちのほうがよい?でも、茶飲みとしては許せません。)、古くて味も香りも無いもの、香料が付いているもの・・などなど、すでにかなりの粗悪品が出回ってしいます。その売り方もひどいものがあり、私の茶友は、「ビニール臭いコップに入ったカルキ臭のする台湾茶を出された時には、開いた口がふさがりませんでした。だめ押しで「ねっ、美味しいでしょう」と同意を求められた時は、「星一徹しちまおうかとおもった。」と怒りまくっておりました。(笑)

以上が買ってはいけないお茶です。

その場限りの売りきり商売は、その後の茶市場に非常に悪影響があります。知らないで粗悪品を高く買わされるのは、本当につまらないですね。しかもそれが多くの消費者に凍頂烏龍茶だなどと思われてしまった日には、目も当てられません。



1 / 2 / 3 次へ>>