<ソフトドリンク最新まとめ記事>
あのころ僕らが飲んでいたもの、2001年ドリンクの旅(2016年)
SMAPがCM出演したソフトドリンクでたどる25年の軌跡(2016年)
気になる味は?ドクターペッパー(ドクペ)を知るための10のコト(2016年)

10年前、何飲んでた?

久々の『ソフトドリンクをもう一度』です。今回は『一昔前、日本人は何を飲んでた?』の第2弾を企画いたしました。

10年前というと1999年。Wikipediaを見てみますと、この頃はITバブル真っただ中でありました。何でも『IT』と付くとお金になった時代だったような気がします。

特徴あるソフトドリンクを紹介するつもりで1999年発売商品の一覧表を眺めておりましたら、面白いネーミングを持つソフトドリンクがたくさんありました。そこで今回は、その中で多かった擬態語チックなネーミングを持つ商品をいくつか紹介したいと思います。
 

キュン(コカ・コーラ)

コカ・コーラ キュン  
 
果粒入り果実飲料です。甘酸っぱい味を『胸キュン』のイメージと重ね合わせたソフトドリンクでした。

テレビCMでは女子学生編と女医編がありました。
 

ごめんね。(サントリー)

サントリー ごめんね。  
 
『すきっとフルーツ飲料』だそうです。炭酸入りの果汁飲料でした。

テレビCMでは女子学生がCMソングを合唱していました。CDも販売されていました。同社『なっちゃん』の2番煎じといった感じでしたが、販売はこの年限りでありました。
 

るんるん(アサヒ飲料)

アサヒ飲料 るんるん  
 
『るんるん』は漢字だと『潤々』と書くのだそうです。黒豆玄米ほうじ茶です。パッケージは『伊東家の食卓』のタイトルチックですね。

すりりん(宝酒造)

宝酒造 すりりん  
 
以前同社で『すりおろしりんご』というソフトドリンクを販売していましたが、そのネーミングを短くしたものです。でも、短くし過ぎの気もしますが。

ユル~い時代?

以上、1999年に発売された珍ネーミングのソフトドリンクを紹介いたしました。時代的には厳しい時代だったとは思うのですが、それでもこのようなネーミングが許されるということは、まだのんびりした時代だったのでしょうか。

<最新ソフトドリンクまとめ記事>
あのころ僕らが飲んでいたもの、2001年ドリンクの旅(2016年)
SMAPがCM出演したソフトドリンクでたどる25年の軌跡(2016年)
気になる味は?ドクターペッパー(ドクペ)を知るための10のコト(2016年)

<あのソフトドリンクをもう一度シリーズ全記事>
あのソフトドリンクをもう一度13 (2010年)
あのソフトドリンクをもう一度12 (当記事・2009年)
あのソフトドリンクをもう一度11 (2008年)
あのソフトドリンクをもう一度10 (2007年)
あのソフトドリンクをもう一度9(2007年)
あのソフトドリンクをもう一度8(2006年)
あのソフトドリンクをもう一度7(2005年)
あのソフトドリンクをもう一度6(2004年)
あのソフトドリンクをもう一度5(2004年)
あのソフトドリンクをもう一度4(2004年)
あのソフトドリンクをもう一度3(2003年)
あのソフトドリンクをもう一度2(2003年)
あのソフトドリンクをもう一度(2002年)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。