21世紀初年、僕らは何を飲んでいた?

All Aboutは2001年2月のサイトオープンからこの2016年2月で15周年をむかえました。私もサイトオープンから[コンビニグルメ]ガイドを担当しているので、ガイド生活も満15年になりました。

そこで今回の記事では、All Aboutオープンの2001年に発売されたソフトドリンクについて、私のコレクションから商品を紹介しながら現在のドリンク業界との比較を考察していきたいと思います。

2001年というと21世紀最初の年です。私が子どもの頃、2001年というのは”まだ来ぬ未来”でしたが、今の子どもにしてみれば”すっかり過去”という面白い年です。藤子・F・不二雄さんの著作ではありませんが、今回は『未来を懐かしんで』みませんか。

茶飲料はまだ缶入りが主流だった

コカ・コーラまろ茶、ネスレ茶葉茶

まろ茶(コカ・コーラ)、茶葉茶(ネスレ)

現在、ほとんどのソフトドリンクがペットボトル入りで、金属製の缶でしか売っていないソフトドリンクはレッドブルくらいになってしまいました。

キリン聞茶、アサヒプーアル茶

聞茶(キリン)、プーアル茶(アサヒ)

2001年当時は、缶入り茶飲料は当たり前のように自動販売機に入っており、緑茶、中国茶、紅茶は缶のデザインやカラーリングで区別ができました。

リプトンザ・ティー、ネスレ旬の紅茶

ザ・ティー(リプトン)、旬の紅茶(ネスレ)

茶飲料が金属缶からペットボトルにシフトしていったのは2010年頃でしょうか。最近では缶入りの茶飲料は量販店や大型スーパーでしか見かけなくなりました。

大手缶コーヒーのデザインは、同じだったり変わっていたり

サントリーボス、キリンファイア、コカ・コーラジョージア

ボス(サントリー)、ファイア(キリン)、ジョージア(コカ・コーラ)

缶コーヒーというと、サントリーのボス、キリンのファイア、コカ・コーラのジョージアが定番だと思います。ボスとファイアのロゴやパッケージデザインは現在と大きな違いがありませんが、ジョージアはロゴもデザインも変わっています。

ボスは1992年秋の発売ですが、発売時のコンセプトは『働く男の相棒コーヒー』でした。2016年の現在でもこのコンセプトで製品やテレビCMが作られているのは、このコンセプトが普遍的なものだからでしょう。

タンブラー型の缶コーヒーもあった

JTルーツアールカフェ

ルーツ アールカフェ(JT)

コンビニですと、現在は缶コーヒーよりもチルドカップコーヒーのほうが多く置いてありますが、この当時はまだ缶コーヒー主体でした。

2001年はスターバックスのようなコーヒーショップチェーンが普及してきた時期でもあり、缶コーヒーもそれを意識した商品が出回りました。その中でも異色だったのがJTのルーツ アールカフェです。タンブラー型の缶を使用しています。しかしその後、このタンブラー缶が普及することはありませんでした。

アサヒワンダは朝専用ではなかった

アサヒワンダ

ワンダ(アサヒ)

アサヒワンダは1997年の発売です。朝専用缶コーヒーのモーニングショットが発売されたのは2002年で、それまでは他社缶コーヒーと同様、レギュラー、カフェオレ、ブラックなどのラインナップを揃えて販売していました。

テレビCMも発売当初はプロゴルファーのタイガー・ウッズさんが出演しており、現在CMに出演しているAKB48の皆さんのような華やかさではなく、力強さを押し出した、いかにも男性向けの宣伝でした。

ネスレも缶コーヒーでがんばっていた

ネスレundefinedネスカフェN

ネスカフェN(ネスレ)

2015年春で缶コーヒー市場から撤退したネスレですが、まだこの頃はコーヒー業界の世界的トップ企業として、缶コーヒーを販売しておりました。

このNシリーズは、2000年のサンタマルタシリーズ(明石家さんまさんがCM出演されていた商品の後継版)を大幅刷新して発売した品です。

飲料CMのお笑い芸人といえば、今も昔も吉本芸人

コカ・コーラジョージア明日があるさコーヒー

ジョージア 明日があるさコーヒー(コカ・コーラ)

コカ・コーラのジョージア 明日があるさコーヒーです。2000年9月よりスタートしたジョージアの新シリーズでは、ダウンタウンさんを主とした吉本興業オールスターズと女優の仲間由紀恵さんを起用し、架空の商社「トアール・コーポレーション」を舞台としたCMシリーズになりました。

CMソングはウルフルズさんが坂本九さんの『明日があるさ』をカバーして大ヒットになりましたし、テレビCMはACC CMフェスティバルの総務大臣賞/ACCグランプリを受賞しました。

この缶に登場する皆さんは現在でも人気者ですよね。今の時代だからこそ、見るだけで元気になるこのCMシリーズが復活してほしいと思っています。

>>続いて、実は姉妹品がたくさんあったあのドリンクやアイドルたちがCM出演していた商品などをご紹介します!