ズッキーニ、茄子、トマト。 色とりどりの焼き野菜で夏のパンを楽しみましょう。
美味しく作るコツは新鮮な野菜と上質なオリーヴオイルを用意すること。
週末のブランチに、キャンプに。シンプルに楽しめる季節のごちそうです。

夏野菜のタルティーヌ

夏野菜のタルティーヌの作り方



【材料】(2人分)

カンパーニュ 2~4枚
ズッキーニ(緑・黄) 各1/2本
茄子 1本
プチトマト 2個
パルメザンチーズ 粉末にして大さじ2
塩 少々 
オリーヴオイル 適量
にんにく 一片

【作り方】
1. 茄子とズッキーニは5ミリにスライスし、茄子には塩をまぶしておく。

2.茄子から水分が出てきたらペーパータオルで拭き取る。

3.フライパンにオリーヴオイルをひき、野菜を焼く。途中でチーズを振りかけてこんがり焼く。プチトマトも半分にスライスしてそっと熱を通す。

4.カンパーニュの硬さと好みによって厚さを決め、だいたい1~1.5cmにスライスしてトーストする。

5.トーストに、にんにくの切り口をこすりつけて香りを移し、野菜を彩りよくのせる。

夏野菜のクロスティーニ

バリエーションとしてイタリアの前菜風にバゲットで小さく作るのもおすすめです。


上記の写真はオリーヴオイルで焼いただけの野菜を一種類ずつのせました。

左から二番目はセミドライトマトです。

バゲットには市販のアンチョビペーストを塗っています。オリーヴのペーストも合いますが、いずれも少量にします。

ズッキーニはグリルして、塩とレモンでいただくのも美味しいですね。パン、チーズ、ワインと好相性の、夏の野菜だと思います。

今回のパンはユーハイムディーマイスターのパンオルヴァンとバゲットを使いました。
オーガニックの小麦粉、ベトナム産の天日干し海塩を使ったこの秋の新商品で、現在は不定期に店頭に並んでいます。



【関連記事】

野菜がたくさん食べられるレシピ
(パンを使ったものです。もちろん!)


セミドライトマトを作ろう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。