外で美味しいものを食べた時、それを家でも作ることができたらいいな、と思ったことはありませんか。
バゲットやカンパーニュなど、食事のためのプレーンなパンの味わい方を提案しているベーカリーカフェで、わたしはよく美味しいパンの友達に出会います。パンの友達・・・それはパンを食べる時にあると嬉しいペーストなどのおかずのこと。

今回はタラとひよこ豆のペースト、そして黒オリーブのペーストの2種類をBC*アスタリスクの料理担当、近江文彦シェフに教えていただいきましたのでご紹介いたします。

レシピはとてもシンプルなので、是非、質の良い材料を揃えてください。
次のページでは、さらにシンプルで簡単なアレンジをご紹介します。

お店でインスピレーションを受けた料理を自分なりにアレンジする、パンにあわせてバリエーションを考える。そんなふうにパンのある美味しい食卓を楽しんでいただけたらと思います。


ピーナツと黒胡椒のパン/Pao



*材料 (たっぷり2人分)*

タラとひよこ豆のペースト

甘塩ダラ   100g
ひよこ豆  1缶(200gくらい)
にんにく   一片
ローズマリー 1本(一部を飾り用に摘んで取っておく)
オリーブオイル  適量
塩・コショウ    

黒オリーブのペースト

種なしオリーブ 2/3カップ弱
アンチョビ 2~3枚
オリーブオイル 適量
塩・コショウ

*作り方*

1.
オリーブオイルでみじん切りのにんにくとローズマリーを香りが出るまで炒め、ひよこ豆煮汁ごと、そして塩ダラを入れ、水1カップで豆が顔を出すまで煮込む。

2.
ローズマリーとタラの皮を取り除いた後、フードプロセッ サーでペーストにして塩コショウで味を調える。水分が少なければオリーブオイルを足して調節する。取っておいたローズマリーを飾る。

3.
オリーブのペーストを作る。
アンチョビ、オリーブの水気をよくとりフードプロセッサーで細かくする。オリーブオイルを入れ濃度を調節して味を見て、塩、コショウで味をととのえる。アンチョビが塩辛いので塩の量は気をつける。

フードプロセッサーではなく、すり鉢で作ることもできる。

4.
それぞれのペーストを小さなココットなどに入れて皿にのせ、スプーンとパンを添える。

バゲット、カンパーニュ、全粒粉やいろいろの穀物入りのパン、そしてフルーティな白ワインに合います。 たとえばこんな風に。


次のページではシンプルにひよこ豆だけで簡単なアレンジをしてみました。 いろいろなパンと料理に合わせられる美味しいペーストです。


豆だけのペーストとアクセントのオリーブ



1/ 2 次へ>>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。