フランス料理
言葉も出ない必殺クロケット

一撃で仕留める必殺クロケット

必殺技とはこのことか。フォアグラとトリュフのクロケット。一口サイズの見た感じなんの変哲もないクロケットを口に含み、崩したその瞬間に人生が変るかも知れない。うーん、この美味しさを表現できないとなるとフレンチガイドも情けない。身体がふわ~と浮き上がり、味覚だけが独立して空を彷徨い、どんな美女と一緒に食事をしていようが会話は途切れ、自分と料理が一対一になったままフリーズ。

フォアグラはソースと溶け合い、余韻の長さといったらもう有得ない位長い。私は翌日の朝、いや、3か月経った今でも香りと味わいを思い出す。力道山なら空手チョップ、ジャイアント馬場ならコブラツイスト、アントニオ猪木なら卍固めという位の衝撃だ(ちょっと古いか)。

フランス料理
濃厚な料理に見えて後味は軽やかだ
とにかく、このクロケットを食べに行くだけでも十分な価値がある。

秋になり、白子のムニエルとセップなどのキノコのソテーをいただく。これが前菜ならメインは何かと言うくらい強烈、なのだが白子の味わいは優しく、それをキノコ達が秋の風味で包み込み、白ワインがさらりと流れ落とす。一皿にちゃんとストーリーがあり、それが自然と伝わってくる楽しさ。

マダムの笑顔が極上のソースかも知れないが、実はコース料理をオーダーするときにはマダムと一緒にメニューを決めることになる。プリフィクスではないが、その時々のお薦めの中から選んでいくのが実に楽しい。うーん、あれよりもこれ、やっぱりこっち、あんたはあれにして、私はこれ、とかそんなやり取りがあるのだろうか、忙しいマダムを独占する気持ちを抑えつつ、忙しさを言い訳にする私たちは、食事のときくらいメニューを決めるのにもっと時間をかけてもいい。

フランス料理
フォアグラが特に印象的だ
メインは羊のローストを。その料理は単に上手にローストして付け合わせを添えたものではない。60度の低温でゆっくりと火を通したフォアグラの上に刻んだトリュフが鎮座。テリーヌでもない、ポワレでもないミキュイなフォアグラはちょうど口に含まれたときに溶け始める仕組みになっている。これこそが絶妙というものだ。味わいは実にエロティックに仕込まれている。トリュフはここぞとばかり香り立ち、食欲以外の欲望にも火をつける。

付け合わせのドフィノアも一枚一枚しっかり重ねられ、小さなラタトゥイユも口直しに心地よいアクセントを添える。