フレンチ
勝又氏手書きの当時のままのメニュー

31年前のメニュー

今、手元に31年前のメニューがある。31年前と言うと私は10歳、小学校の3年生か。仮面ライダーやウルトラマンに憧れていた時代だ。その時代の西麻布は一体どんなところだったのだろうか。どんなフレンチが存在していたのだろうか。

写真のメニューは当時のシテのオーナーであった勝又登氏の手によるものだ。(勝又氏は現在は箱根は湖尻のオーヴェルジュ・ド・オーミラドーのオーナーシェフ)前菜には、

ムール貝のプロヴァンス風
エスカルゴとザリガニのカソレ
3種の魚貝のテリーヌ 洋ワサビクリームソース
ニース風野菜の煮込み


などが並ぶ。メインは、

鮑のグリル ムスリーヌソース
ブイヤベース、
平目のブーダン モザイク野菜入り
鯛のロースト オレンジビネガーソース
グリーンペッパーステーキパイ包み
仔羊のローストガーリック風味と野菜のピューレ
仔牛レバーのソテー3種のマスタードソース・・・


などが並ぶ。価格は現在と変わらないのだが、連日連夜大繁盛だったようだ。しかし今はこのようなメニューは街場のレストランで見かけることはあまりないかも知れない。

でも読者の皆さん、すごくおいしそうなメニューだと思いませんか?