ジョージアンクラブ
ゲストはまず右手のサロンでしばし寛ぐ
『ミシュランの一つ星を獲得した西麻布のジョージアンクラブが業績不振を理由からか、ひらまつグループに1億6000万円で営業譲渡された。ひらまつグループは自社ブランドで今後運営していくという。』

というニュースが夕刊誌を初めとして各種ニュースで話題になった。
「ミシュランの一つ星が早くも閉店!」といったようにマスコミが飛びつくには恰好の見出しにつられて私もその新聞を買った一人だ。

しかし、読んでいてどうも何かおかしい。

まず1億6000万円で売却なんていくらなんでも安すぎないか?

サロン
2階にはサロンやライブラリーがある
西麻布の裏通りとは言え一等地には違いない。土地だけで昨今の相場から言って十億はするはずである。

先日オーナーの吉村氏と英国市場協議会の新年会でお会いしたときに、実のところどうなのか?と聞いてみた。