今回は、「はじめてのギア購入マニュアルシリーズ」の6回目、知っ得ギア知識。前回まででスノーボードグッズ一式はそろいましたが、実はスノーボードをより快適に楽しむためのグッズは、まだまだいっぱいあります。今回はその中でも知っておくと便利なお役立ちグッズを紹介します。

■はじめてのギア購入マニュアルシリーズ
1、ボードの選び方
2、ブーツの選び方
3、バインディングの選び方
4、ウェアの選び方
5、グローブ、ゴーグルなど小物の選び方
6、その他知っ得ギア知識

知っ得ギア知識

画像の代替テキスト
スノーボード用ソックスで快適さアップ
前回までの5回で快適にスノーボードをするのに必要なギア一式がそろいましたね。もうスノーボードショップには行ってみましたか?行くとわかりますが、ショップにはここでは紹介しきれないスノーボードをより快適に楽しむためのグッズがまだまだいっぱいあります。

全部を紹介するのは難しいので、今回はその中でも知っておくと便利なお役立ちグッズをいくつか紹介します。スノーボードの楽しさを知り、「もっと」を求めるようになると自然と欲しくなるグッズばかりです。

ファーストレイヤー

画像の代替テキスト
ファーストレイヤーは、1度着たら病みつきになる着心地の良さ
スノーボードを楽しんだことがある皆さん、いつもウェアの下には何を着ていますか?おそらくTシャツにトレーナーという「普段着」の人が多いのではないでしょうか。実はこのTシャツ、あまりよくありません。ウェア選びでも書きましたが、寒い雪山といえど運動をすれば汗をかきます。Tシャツがこの汗を吸い、濡れた状態のまま冷えることが、体温を下げる原因になるのです。

つまり「汗の処理」が大事になるのですが、そこで活躍するのが「ファーストレイヤー」。「ファーストレイヤー」とは、汗を素早く吸収し、速乾させるインナーウェアです。吸汗性と速乾性を備えたファーストレイヤーを着ることで、激しい運動をして汗をかいても冷えることなく、常にウェア内をドライな状態に保てます。またスノーボード用(雪山用)のファーストレイヤーは保温力も備えているのでとても温かいです。寒がりな人、より快適なスノーボードも求める人は、「普段着」をたくさん着るのではなく、「雪山用」のファーストレヤーを是非試してみて下さい。

ちなみに「ファーストレイヤー」の上に着る服を「セカンドレイヤー」と言います。セカンドレイヤーもトレーナーのような濡れやすく乾きにくい素材の服ではなく、速乾性のあるフリースやセーターを着るようにしましょう。正しいレイヤリング(重ね着)をすることで、雪山での温かさは格段に変わりますよ。

スノーボード用ソックス

画像の代替テキスト
スノーボード用ソックスは機能満載
雪山が寒い!というイメージから単に分厚い靴下を履いてスノーボードをしている人は多いと思いますが、これも間違い。

スノーボード用ソックッスは、ブーツを履いた際に靴下がよれてカカトがズレないようになっていたり、速乾素材な上、薄くてもしっかりとした保温力を備えた生地を使っていたりします。まさにスノーボード用に作られたソックスなので、1度試して見てください。その履き心地の良さを知ったら、間違いなく手放せなくなります。

あと、ソックスだけでなく、ファーストレイヤーにも言えることですが、速乾性(濡れてもすぐに乾く)素材の商品は、洗濯をしてもすぐに乾くのがとても便利。滑り終えた夜に洗濯して、一晩部屋で乾かしておけば次の日の朝には乾きます。連泊する時など荷物が減るのはうれしいですよね。

ネックウォーマー

画像の代替テキスト
ネックウォーマーは、ウェア、ビーニーに合わせてオシャレを楽しみましょう
雪が深々と降る日、風の強い日、格別気温の低いは、首もとがすごく寒い!滑走中に雪の冷たさ、寒さで顔が痛くて真っ赤になったことありませんか?そんな日は「ネックウォーマー」。

普段付ける「マフラー」と同じイメージですが、マフラーのように長いモノを巻くのではなく、首専用に筒状になっているコンパクトなものがほとんどです。温かいだけでなく、顔半分(鼻が隠れるくらい)をネックウォーマーで覆えるので、雪が降っていても顔が痛くなることもありません。

ネックウォーマーもビーニー同様にいろんなデザインのモノがありますので、ウェアに合わせておしゃれに着こなしましょう。

ハマれば必ず欲しくなる!

今回紹介したアイテムの他にも、まだまだいっぱいお役立ちアイテムはあります。これからも少しずつ紹介していきますので参考にして下さい。

お役立ちグッズというと特別なもののように聞こえますが、実際はスノーボード好きにとっては「当たり前のアイテム」ばかりです。スノーボードの楽しさにハマり、技術や道具など色々な面で「もっと」を求めるようになれば、自然と必要になる(欲しくなる)アイテムなのです。

あまり頭でっかちにならず、まずはゲレンデでスノーボードを目一杯楽しんできてください。そして足りないものがあれば、次は「もっと楽しむ」ためにもう1度このマニュアルを読んで、少しずつでもアイテムをそろえていけばいいと思います。

ギア選びはスノーボードの楽しみの1つ。ドンドン欲張っていきましょう!

画像の代替テキスト
赤いお店が目印。靖国通り沿い駿河台下交差点のすぐ近くです。
【取材協力】
スポーツファッションのMinami
神田REDS店
http://www.minami.co.jp/index.jsp

〒101-0052
千代田区神田小川町3-6-16
伸幸ビル1F(Yahoo!地図情報ではココ。JR「お茶の水駅」より徒歩10分。都営新宿線「小川町」より徒歩3分)
TEL : 03(3295)5871
FAX : 03(3295)5872
Mail : reds2@minami.co.jp


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。