スノーボードにワックス塗る効果は?自分でメンテナンスすべき理由

皆さんはスノーボードに「ワックス」をかけたことがありますか? 塗り方がわからないとか、道具がないからという理由で、かけた経験がない人も多いのではないでしょうか? ワックスは、板が雪の上をよく滑るために塗るのはもちろん、もう1つ大切な目的として「メンテナンスのため」があります。

自分の大切にしている愛車は、定期的に洗車してワックスをかけますよね? それと同じような感覚で、板にも「汚れを落としてワックスを塗る」というメンテナンスをしてあげましょう。やればやっただけ、ボードもそれに応えてよく滑ってくれますからね。
スノーボードのワックスの塗り方

お手軽ワックスなら手間もかからず、手順も簡単!

そこで今回は、「スノーボードのワックス塗りなんてやったことがないよ」「忙しくてやる時間がないよ」という人のために、手順も簡単で、時間も手間もかからない、5分でできる「お手軽なワックスのかけ方」を紹介します。「よく滑るように塗る」だけではなく、せっかく買ったマイボードを労わるような気持ちで、楽しみながらワックスを塗ってみましょう!
 

メンテナンス初心者でも簡単! ワックスの塗り方講座

■準備するモノ! スノボショップと自宅で揃える!
スノーボードショップに行けば、簡単に手に入るグッズがほとんどです。値段はメーカー、購入方法、商品の大きさなどにより異なりますので、あくまで目安として参考にして下さい。

リムーバー
アールゼロWAX社のリムーバーは、透明容器なので残量が確認できる

スノーボードメンテナンス用リムーバー

  • 滑走面の汚れ落とし。霧吹きタイプ、スプレータイプが使いやすい。
生塗りワックスorスプレーワックス
一般的にスプレーワックスよりも生塗りタイプの方が持続力が長い

一般的にスプレーワックスよりも生塗りタイプの方が持続力が長い

  • 今回使用しているペースト状の生塗り用ワックスがおすすめですが、スプレータイプの簡易ワックスもOKです。
ナイロンブラシ
ブラッシングで滑走性をアップ

ブラッシングで滑走性をアップ

  • スノーボード用ブラシには、ナイロンブラシ、ブロンズブラシ、馬毛ブラシの3種類があります。お手軽ワックスがけではブラシ部分の白い、「ナイロンブラシ」を用意します。
コルク
大きさは片手で握れるくらいのサイズ

大きさは片手で握れるくらいのサイズ

  • コルクを使って、ワックスをソール全体に擦り込みます。
キッチンペーパー
4ロール入りで200円くらい

4ロール入りで200円くらい

  • 料理をするときに便利なキッチンペーパー。自宅のキッチンになければ、最寄のスーパーでゲットしましょう。
■簡単ワックスがけ、作業開始!
1.リムーバーを板のソール全体に吹きかける
ソール全体にまんべんなくリムーバーを吹きかける

ソール全体にまんべんなくリムーバーを吹きかける

真っ白な雪の上とは言え、何日も滑ればソール(滑走面)は汚れてしまいます。汚れた状態でワックスを塗っても効果は半減してしまうので、まずはリムーバーを使って板のソールをキレイにクリーニングします。リムーバーをソール全体に吹きかけて、表面の汚れを浮き上がらせましょう。

2.キッチンペーパーで板の汚れを拭き取る
キッチンペーパーで拭き取る。はじめはその汚れ具合に驚くだろう

キッチンペーパーで拭き取る。はじめはその汚れ具合に驚くかも?

汚れが浮き上がるのを少し待ったら、リムーバーが乾く前に拭き取ります。汚れを拭き取る際は、ティッシュやタオルなどの細かいカスが出るものよりも、キッチンペーパーのようにカスが出にくいグッズが便利です。

3.板にワックスを塗る
ソールに適量をムラなく塗っていく

ソールに適量をムラなく塗っていく

ペーストワックスを付属のスポンジに取り、ソール全体に伸ばします。スプレーワックスの場合は、ソール全体に吹きかけます。

4.コルクでワックスを擦り込む
コルクでソール全体を素早く擦る

コルクでソール全体を素早く擦る

ワックスを塗ったら、コルクでソール全体を素早く擦ります。コルクをかける目的は、ワックスを伸ばすためというよりは、擦ったときの摩擦熱でソールをワックスに擦り込むためです。

本格的なワックスがけをするなら、アイロンを使います。ワックスは熱を加えることでソールに染み込みますので、コルクを使ってソール全体をよく擦りましょう。力強くというよりは、素早く擦るのがコツ。摩擦熱がアップし、ワックスがよく擦り込まれます。

5.板にブラシをかける
ブラッシングで不要なワックスを取り除く

ブラッシングで不要なワックス(ストラクチャー)を取り除く

コルクでワックスを擦り込んだら、最後にナイロンブラシでソール全体を擦ります。この作業をすることで、目には見えないソールにある溝(ストラクチャー)から、不要なワックスを取り除くことができ、板がより滑りやすくなります。

6.お手軽ワックス完了!
ブラシをかけたらお手軽ワックス終了です。5分くらいの作業ですので、さっそくチャレンジしてみましょう!
 

スノーボードのワックスの塗り方アドバイス!メンテナンス頻度は?

お店で販売員をしていると、簡易ワックスについてお客さんから、「ワックスはいつやるのがいいのですか?」という質問を多く受けます。今回紹介したような簡易ワックスを使ったワックスがけは、正直なところワックス効果の持続力はあまりありません。

ということでボードのワックスがけの頻度は、滑る前、できるなら昼休憩にも塗るなど「コマメに塗る」のが理想です。リムーバーは毎回する必要はないので、2~3日滑ったら頃合いを見てクリーニングしましょう。

またメンテナンスという意味では、ワックスは常に塗ってある方がソールの保護ができるので、滑り終わった後にも塗っておくといいですね。滑りっぱなしで放置し、ソールが白くカサカサになってしまったことはありませんか? こうなると板は滑らないだけでなく、痛んで寿命が縮んでしまいます。

スノーボードをより楽しむためにも、まずはお手軽ワックスから挑戦して、ボードのメンテナンスを覚えましょう! スノーボーダーにとって、ボードは友達! 大切にしましょう!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。