トリック上達への近道は、オーリーの完全マスターにあり!

以前の記事「スノーボードテクニックをマスターしよう!」では、ある程度スムーズにターンが出来るようになった人へ、次のステップアップとしてお手軽&基本的なトリックのご紹介をしました。実際にトライしてみた人は、いかがでしたでしょうか?上手く出来ましたか?

トリック初トライ後には、「すぐに出来た!」「思ってたよりも難しい!」など、人それぞれに感じることは違うと思いますが、「オーリーでも」「180(ワンエイティー)」でも大概はじめは転んでばかりで、中々思うようにはメイク出来ないのが当たり前。

なので、上手く出来ないからと言って焦る必要は全くないし、早々と諦めてしまうのももったいない!転びながらも粘り強く、繰り返し反復練習をすることで、少しずつ転ぶ回数が減り、最終的には何も意識することなしに出来るようになります。

ただ、中々出来るようにならない悔しさは痛いほどわかるので、今回は「中々トリックがメイク出来ない!」という人の為に、すべてのトリックの基本となる「オーリー」について、もう少し詳しく解説していきたいと思います。「180(ワンエイティー)」などグランドトリックはもちろん、ワンメイクやレールなどすべてのトリックの基本となるのが「オーリー」です。

すべてのトリックの基礎となる「オーリー」。トリック上達への近道は、オーリーの完全マスターにあり!

すべてのトリックの基礎となる「オーリー」。トリック上達への近道は、オーリーの完全マスターにあり!


まずはイメトレからスタート!

まずは、以前の記事「ちょいうまテクニック オーリー」を読んで、改めて「オーリーとは何か」「どんな動きか」を正しく理解しましょう。そして、今自分が頭の中に持っているオーリーのイメージと照らし合わせて改善点を探り、何度も正しいイメージを繰り返しては修正をします。

例えば、初めてスノーボードで跳ねてみよう!と思った時によくある勘違いが「両足ジャンプ」。オーリーは、ボードのテール部分(後ろ足より後ろの部分)のフレックス(反発力)を利用して高く跳ね上がるトリックなので、まずは両足ジャンプではないことを理解しましょう。

また、これは特に脚力のない女の子に多いのですが、オーリーをしようとしても「ピョン!」と言った感じで、中々高さが出ない状態。原因は人それぞれに異なると思いますが、「ボードのフレックス(反発力)を使う」というのは、実際中々難しいですね。なぜなら、ボードをしならせる為には、まずはボードにバランスよく乗って、自分でボードを踏み込む技術が必要だからです。

ボードのフレックスを感じ、生かすことは簡単ではない。日々のフリーランを大切に総合滑走能力を高めることが、オーリー上達のポイントになる。

ボードのフレックスを感じ、生かすことは簡単ではない。日々のフリーランを大切に総合滑走能力を高めることが、オーリー上達のポイントになる。


なので、「オーリーに高さがでない」という人は、まずは常日頃のフリーランを大切にしましょう。どんな斜面でも、ある程度ボードのコントロールをしながら転ばずに滑れるようになって、自分でボードを踏みつけるようにターンができるようになると、自然とオーリーにも高さが出てきます。ボードにバランスよく乗れている人ほど、力強く、且つ楽にボードを踏み込めることを覚えておきましょう。

ボードのフレックスを感じてみよう!

オーリーの動きを頭で理解したら、あとは実践あるのみ!まずはフラット(平ら)な場所でボードを装着し、ボードのテール部分のフレックスを感じてみます。

フラットな場所でまずはテールのしなり&反発を体で感じます。繰り返しボードをしならせては元に戻り、その反発力を覚えましょう。

フラットな場所でまずはテールのしなり&反発を体で感じます。繰り返しボードをしならせては元に戻り、その反発力を覚えましょう。


後ろ足への重心移動によりテールがしなると、その反発でボードがビョン!と元に戻ろうとしますので、まずはそのビョン!ビョン!する反発力を体で感じましょう。

テールがしなり、ビョン!と反発します。それを転ばず上手くコントロールする感覚を楽しもう!

テールがしなり、ビョン!と反発します。それを転ばず上手くコントロールする感覚を楽しもう!


その場でオーリー、ボードのフレックスを高さへ!

ボードのフレックスを感じることが出来た人は、次にその反発力を利用して、空中に跳ね上がってみます。

後ろ足の踏み込みと同時に、上半身が伸び上がることで、ボードの反発がスムースに高さへと変わります。空中では伸び上がった上半身に両足を引き寄せることで、さらに高さが生まれます。

後ろ足の踏み込みと同時に、上半身が伸び上がることで、ボードの反発がスムースに高さへと変わります。空中では伸び上がった上半身に両足を引き寄せることで、さらに高さが生まれます。


その際のポイントは、後ろ足でのボードの踏み込みと、上半身の伸び上がり。後ろ足荷重の低い姿勢から、上へ伸び上がるように後ろ足を踏み込むことで、ボードが反発する力をスムースに高さへと変えていきます。

■ここが最大のポイント!
このイメージを忘れずに!

このイメージを忘れずに!


覚えておいて欲しいイメージは、上の写真。後ろ足を支点として、ボードがグニャリとしなっています。後ろ足の真上に上半身があり、後ろ足一本で立てるくらいしっかりと体重を乗せボードを踏みつけるイメージ。

はじめはいろんな動きがチグハグになり、高さを出すのは難しいと思いますが、繰り返し練習することで少しずつバランスも良くなり、すべての動きが連動し始めると段々と高さも出てきます。

あとは反復練習あるのみ!

オーリーについて正しく頭で理解したら、あとはひたすら反復練習あるのみ!仲間と一緒に転びつつも楽しみながらオーリーをしましょう。あと、仲間同士で滑っている姿をビデオで取り合うのがオススメ。自分の滑っている姿を外から見ると、新たな気づきがあり、より鮮明に改善点が見えてきますからね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。