画像の代替テキスト
はじめは小さなキッカーから始めましょう!ステップバイステップが上達のコツです。
スノーボードの中でも最も人気のあるカテゴリーの1つ、ワンメイクジャンプ。スタイリッシュでクールなビッグエアーに憧れている人は多いですよね。

そこで今回から始まる「ワンメイク道場」では、「キッカーにチャレンジしてみたい!」「グラブがどうしても掴めない!」「スピントリックをしてみたい!」など、ステップアップに心躍らせている人には必見の、お役立ちハウトゥーをご紹介していきます。

これから紹介する【入門編】では、「今シーズンこそはキッカーにチャレンジしてみたい!」という好奇心旺盛な人に知っておいて欲しい、キッカーに入る前の「ワンメイク心得」と、ワンメイクの基本となる「ストレートエアー」について解説していきます!

画像の代替テキスト
南雲武仁(ナグモタケヒト)
スポンサー:NITRO,COBRAWORX,SMITH,DP,スリーウェザー,ディメンション,ジェムストーンフィルム,シャレー佳竹,黒羊,ムラサキスポーツ千葉店
「ちょいうまテクニック」に引き続き、今回も取材に協力頂いた新潟県湯沢町にある「湯沢パークスキー場」のすぐ脇に住んでいて、ガイドの所属するスノーボードチーム「黒羊(クロヒツジ)」のメンバーでもある「南雲武仁(ナグモタケヒト)」くんに手伝ってもらって、そのコツを伝授していきます。

それではさっそく始めましょう!


ワンメイク心得

ワンメイクには、誰もが憧れる華やかさとは裏腹に、「怪我が多い」という事実もあります。なので、キッカーに入る前には、安全に楽しむための最低限の知識と、自分のライディングレベル診断をしましょう!

画像の代替テキスト
整備の行き届いたキレイなキッカーは飛びやすい!
■心得1 キッカーの良し悪しを見極める
ワンメイクジャンプをするためのキッカー(ジャンプ台)にも、安全で飛びやすいキッカーと、練習には向かない飛びづらいキッカーがあります。なので、ジャンプをする前には、必ずそのキッカーが安全かどうかをチェックする必要があります。整備の行き届いた飛び易いキッカーで練習することが、怪我のリスクを少なくし、上達も早いことを覚えておきましょう。

チェックするポイントは、「リップ」と「ランディング」の2つです。

  • リップはキレイに整備されているか?
    キッカーの飛び出し口を「リップ」と呼びますが、そのリップが溝などでガタガタしていると上手く飛び出すことができません。キレイに整備されているかチェックしましょう!

    またリップの形も大切です。はじめは真っ直ぐに滑り抜けられるような、スムーズな(なだらかな)リップが理想です。リップが急激に上を向いている、三角山▲のようにみえるリップは要注意です!
     
  • ランディングバーンに穴が空いていないか?
    ジャンプで着地することを「ランディングする」と言いますが、ビギナー用の小さなキッカーでは、ランディングバーンが凹んでしまっていることがよくあります。何人も飛んだり、転んだりしている内に、雪が削れて凹んでしまうんですね。この状態のままだと、着地時の衝撃も大きく、転んだ時も危険です。ランディングバーンに穴があいていないか?また着地時の衝撃を逃がすための、「傾斜」があるかどうかを確認しましょう!

画像の代替テキスト
スノーボードのジャンプは両足ジャンプではありません!オーリーを理解していますか?
■心得2 キッカーに入る前の自己レベル診断
キッカーを飛ぶためには、ある程度のボードコントロール力は必要不可欠です。ワンメイクを楽しむためにも、キッカーに入る前に、最低限以下の項目をチェックして、自分のレベルを診断してみましょう!

  • 両サイドのエッジを使って、スピード調節ができるか?
  • エッジに頼らず、ボードをフラットにして真っ直ぐ滑ることができるか?
  • オーリーの動作を理解しているか?
  • ゲレンデのコブやギャップでジャンプして、成功したことはあるか?
「できる!」と思った人は、まずは小さなキッカーからチャレンジしてみましょう!逆にまだ足りないと思った人は、まずはこれらワンメイクに必要な基礎を鍛えることから始めましょう!ステップバイステップが上達する最大のコツです。

では、実際にキッカーを飛んでみましょう!

>>次ページは「ストレート・エアー」を紹介!>>