パドリングが上手に出来ていないため、テイクオフもできない初心者サーファーをよく見かけます。パドリングはサーフィンの基本中の基本。沖に向かうパドリングは問題なくても、波に乗る瞬間のパドリングはどうしても力んでしまい、バランスを崩してしまう人は多いようです。

そこで今回は、波がブレイクしているスープフェイスの境目のスープ端を利用して、軽いパドリングで波に乗ってみましょう。波をよく観察することができれば、横に移動するコツもつかめてくるはずです。

波のどの部分から乗るのがベスト?

takeoff1
画像赤い印のスープから乗ることができればベスト!
波はコンディションによって、姿かたちを変えてきます。右画像のような、あまりホレてこない波だと乗りやすいでしょう。もう少しトロそうな波も安全でGOOD。とにかく波をよく観察してチャレンジしてください。

スープを使って、波に乗ってみる

takeoff2
波をよく見てブレイクしている部分の端を上手にキープ
スープとフェイスの境目がわかったら、素早くそこにパドリングで移動し、少しスープに押されるようなポジションをとります。
takeoff3
スープの力によって押しだされ、うまく波に乗ることができます
いいポジショニングがとれればスープの力で自然と押しだされます。さあ、ここからテイクオフ!
takeoff4
波のフェイスがしっかり見えてますか?
進行方向に視線を向け、進む方向を確定させましょう。ここでテイクオフできれば、フェイスに乗れますね。
takeoff5
スープに押されるので、状態を起こすことに集中を!
いよいよテイクオフ。しっかり進行方向を確認しながら、状態を起こしていきます。サーフボードはスープに押され完全に波に乗っているので、状態を起こすだけに集中してください。
takeoff6
テイクオフと同時に波のフェイスにいたら成功!
テイクオフできました! 右画像はフェイスにしっかり乗っています。ここからは体重をサーフボードに乗せて波に乗っていきましょう。
takeoff7
ここまでもってこれれば、あとは体重移動を繰り返し横移動するのみ
いいポジションさえ確認することができれば、横に移動するきっかけも掴みやすくなります。
スープの切れ目を利用すると、波に乗りやすくなるのがわかったでしょうか。どうしても波に乗ってからの横移動が難しかったら、ぜひ試してみてください。

ただ波のサイズが大きいときや、波がホレ上がるようなコンディションのときは、無理にスープに押され乗らないようにしましょう。もしスープに押されたとき、人が手前にいたら大事故に……。スープから波に乗ると急には止まれません。周りをよく確認することも、お忘れなく。



<関連リンク>
電撃サーフィン

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。