スープに上手に乗れるようになったら、続いてはいよいよテイクオフしてみましょう。前回説明した「スープに乗る」の延長ですね。上手にスープに乗れたら、そのスピードを生かしテイクオフします。テイクオフするときに間違った姿勢をとらないように意識し、正しい姿勢で何度でもトライしてみてくださいね。

スープでテイクオフする手順

soupt1
大切なパドリングはしっかりと! 疲れている暇なんてありません
■波のスピードに合わせる
乗る波を確認したら、波が来る手前からとにかく一生懸命パドリングし、波のスピードに合わせ波に乗ります。


soupt2
完全に波に乗るまで焦らない。立ち上がるのは完全に波に乗ってから
■バランスを崩さない
スープにボードがしっかり押されるのがわかったら、バランスを崩さないようにテイクオフの体勢に入ります。この時に注意する点は、少し波に押されたからといって、さっさと立とうとしてしまうケースが初心者にはよくあります。立ち上がるのはしっかりと波に滑ってから。ちょっと押されたからと急いで立っても、波に置いていかれることになります。しっかりスープに押され、ボードが完全に波に滑ったら、バランスを保ちながら素早くテイクオフをする、と体と心で覚えておいて下さい。


soupt3
バランスを保ちながら胸から肩くらいの位置に手をつきます
■ボードに手をつき上半身を起こす
しっかりとスープに乗ったら、次はいよいよ立つ体勢。まずボードに手をつき、上半身を起こします。この時に視線は進行方向へ、決して下ばかり見ないように心がけましょう。


soupt4
波に置いていかれないよう、バランスを保ちながら立ち上がりましょう
■両足をボードに乗せる
進行方向を見つつ、両足をボードに乗せます。波に置いていかれたり、失速の原因になるので、ノーズが海面から上がりすぎないように注意しましょう。


soupt5
スタンスの位置は砂浜などで予行演習をしておきましょう
■手を離しボードに立ち上がる
ボードに手をつき胸を反らせ進行方向をしっかりと見て、左足(レギュラーの場合)を胸に引きつけるようにしてボードの上に立ちます。この時、足の位置はよく砂浜などで練習して、確認しておきましょう。足の位置はとても大切。後ろ過ぎても、前過ぎてもダメ。ちょうどいい位置に乗れるように心がけます。これは何度でも練習して感覚でつかんでください。


soupt6
バランスが悪くなるので、棒立ちになるのはNO GOOD!
■腰を上げて立ち上がる
うまくスタンスが決まったら、 、腰を上げて立ち上がります。膝をほどよく曲げ、バランスが崩れないように立ち上がるようにしましょう。これで、スープに上手に乗り続けられればOK!


soupt7
岸に向けてロングライドを心がけましょう!
■可能な限り長く乗る
これでスープに乗ってのテイクオフが完了。出来るだけ長く乗れるよう心がけてください。


以上、いかがでしたか? 波のサイズが小さいスープに長く乗り続けるのは、ショートボードだとなかなか大変です。サーフボードが大きければ(ロングボードなど)その分浮力も増すので、スピードに乗りやすく長くスープに乗っていけるでしょう。また、ショートボードでは小さい波のスープはパワーもなく、スープで立って長く乗る練習にはちょっと厳しいかもしれません。ちょっとサイズがあるスープで練習するようにしてください。

だからと言って無理は禁物。無理をして怪我などすれば本末転倒なので、自分の技量をよく把握してどのスープに乗るかは見極めてください。多く波に乗らなければ、上達しませんから、焦ることなく本数勝負で!



<関連リンク>
Yahoo!スポーツ―サーフィン

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。