「フローター」は、サーフィンのテクニックの中では比較的やりやすいテクニックの一つでしょう。簡単に説明してしまえば、波をアップス&ダウンスして加速し、崩れてくる波のカール(ブレイクした瞬間の波の上部分)に乗り上げ少し滑り、ボトムに下りるテクニックです。文章にしてしまうのは簡単ですが、実際には波を見る判断力やスピード、何よりそのタイミングがとても大切。

実際に腰くらいの波でのフローターを見ていきましょう。どのタイミングで波のカールに乗っているかをよく見てください。

フロントサイドのフローター

flo1
まずは走れそうな良い波をチョイス
波がブレイクしてきそうな感じがわかります。十分にスピードをつけましょう。
flo2
波が切り立ってきました
よく波を観察しタイミングを計ります。焦らないことも大切です。
flo3
まだまだ焦らず波をよく見て…
浅めのボトムターン(ボトムでターンすること)から波がブレイクする部分をよく確認。
flo4
ブレイクした上に乗る感じ
波のトップがブレイクしてきました。ここに乗っかります。状態のバランスもよく考えサーフボードを導きましょう。
flo5
うまく上にサーフボードが運ばれました
このタイミングでブレイクする部分に乗ります。
flo6
波の上を走っています
上に完全に乗ることができました。スピードがあるのでサーフボードは進行方向に走っています。
flo7
スピードがあるうちに再びボトムへ
少し波の上を走ったら、下りる体勢に移行してください。
flo8
少し後ろに体重を乗せてるのがわかります
スピードがなくなってからでは下りづらくなるので、早めにボトムに戻ります。
flo9
フローターは波の上でのバランスと、下りるタイミングが重要
ボトムに下りることが出来そう。
flo10
着地成功!
しっかりとボトムに下りました。すでに波の先を確認し、次のターンに入ろうとしているのがわかりますね。
flo11
ボトムターンで再び加速
波の早い部分を通過しました。この後も波に乗っていけます。


以上のテクニックが「フローター」です。フローターと言っても様々なタイプのものがあり、今回のフローターは、波のブレイクが早く、抜けて行くためのもの。たくさん波に乗ってマスターしましょう。フローターが出来れば、波に乗る距離も伸ばすことができますよ。

協力プロサーファー:善家尚史

nao_pro
善家尚史(ゼンケナオフミ)
生年月日: 1986年 1月20日
スタンス:レギュラー
ホームブレイク:鵠沼海岸、湘南
湘南鵠沼をホームグラウンドとし活躍する。2005年のJPSAプロアマ最終戦でクオーターファイナルへ進出し、プロへ転向。その他、多くの大会に参加し好成績を残す。




<関連リンク>
善家尚史ブログ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。