サーフィンを初めてから海に入る回数も重ねてきたけど、どうも上手くならない……。そんなサーファーの人、少なくないのでは?テイクオフはできるけど、そこから先になかなか上達しない人はまず、ボードに立った時の姿勢から確認してみてください。初心者サーファーによくある間違った姿勢を修正すれば、間違いなく上達しますよ。

こんな姿勢では上達しない!事例集

sty1
頭を下げるのではなく、腰を落とす感じで乗る
■猫背になってる
背中が丸まり、猫背の状態。これではバランスも悪く、遠くを見ることができず下ばかり見てしまいます。極力頭を上げて進行方向をしっかり見ましょう。


sty2
棒立ちはバランスが悪いですね。軽く膝を曲げましょう
■棒立ち
棒立ち状態はよくある間違った姿勢です。これではバランスを崩したら、すぐにワイプアウト(転ぶこと)ですね。膝をほどよく曲げることで、バランスを崩した時に対応できます。


sty3
後ろに立ちすぎるのもNG。バランスが悪く、波に乗れません
■ボードの後ろに乗り過ぎ
後ろに乗り過ぎるとテイクオフした途端、波に置いていかれます。また、この位置に立ってもボードが滑ってくれません。もっと前の方に乗るように心がけましょう。


sty4
見るからにNG。バランスが取りづらく、波に乗れません
■正面を向いている
真正面を向いてはいけません。サーフィンはあくまでも横乗り。ここまでおおげさに前に向く人はいませんが、テイクオフした時に体が前に向いている人をよく見かけるので意識して注意してください。


sty5
後ろ足はOK!前足をボードのセンターに持ってきましょう
■スタンスが広すぎる
見た目にはしっかりボードに立っていてよさそうですが、スタンスが広すぎです。足を開きすぎると細かいボードコントロールが出来ません。安定感はあるように見えますが、もう少しスタンスを狭くするように心がけましょう。


今回の「間違った姿勢」はいかがでしたか?「海の中に入ると、なかなか姿勢のことまで気にしてられない!」という人は、テイクオフして立った時の姿勢を、家の鏡の前で確認してみましょう。一度、確認すると想像以上によくなります。またイメージトレーニングにもなり、一石二鳥ですよ。変な癖がついたら、後で直すのは大変ですから……。



<関連リンク>
ぶっとびサーフィン

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。