サーフィンでうねりから乗る・テイクオフするための3要素

サーフィンでうねりから乗る方法とは? 

サーフィンでうねりから乗る方法とは? 


スープでテイクオフして波に乗るのは、今回のウネリから乗るのに比べれば、はっきり言って簡単です。スープにはそれ自身に押す力があるので、パドリングを一生懸命する必要がありません。ただウネリからテイクオフするには、乗れる波を見極める、しっかりとしたパドリング、素早く立ち上がるなど、複合的な技の要素が必要になってきます。

■乗れそうなウネリを確認
ウネリを確認したら、その波がどの位置でブレイクし始めるかをよく把握することが大切。ウネリの状態からパドリングを開始するので、今にもブレイクしそうな波にウネリから乗ることは出来ません。何度も波を観察し、ブレイクする位置を確認しましょう。もちろんコンディションによってもブレイクする位置は変わるので、何度もしつこく。

■早いパドリングを
ウネリから波に乗るには早いパドリングが必要。正しいパドリングの姿勢が出来ていないと上手に漕げないので、しっかりとパドリングを練習しておきましょう。ウネリにボードが滑り出すのが早ければ早いほど、テイクオフしやすくなります。

■素早く立ち上がる
ボードが滑り出してから立ち上がるまでをゆっくりと行っていては、ウネリがブレイクしてしまいます。ボードが滑りだしたら、その瞬間を逃さないように素早く立ち上がるように心がけましょう。
 

うねりからテイクオフする方法

ut1
ウネリを確認し、しっかりとパドリングをすること!
乗れそうなウネリを確認したら、しっかりとパドリング。波に押されてボードが滑り出すまで、しっかりと行います。

 
ut2
完全に波にボードが滑っているか確認!
ウネリに押されボードが滑り出したら、パドリングをやめ、テイクオフの体勢に入ります。このとき、しっかりと波に対して滑っていることを確認しましょう。しっかり滑っていないのにパドリングをやめると、すぐに波においていかれます。

 
ut3
ボードに手をつき、テイクオフの体勢に!
ボードが滑りやすいよう胸から肩くらいの位置に手をつき、グイッと押さえつけるようにするとボードが滑りやすくなります。

 
ut4
上半身を起こし、素早く立ち上がる
上半身を起こして素早く立ち上がるようにします。このとき足の位置も確認しながらテイクオフしましょう。

 
ut5
最初は膝を曲げ、バランスを保つ!
ボードから手を離し立ち上がったら、バランスを崩さないようにします。写真の波は膝くらいと小さいのですが、胸くらいの波(ホレた波など)になると、かなりのスピード感が出てくるので、そのスピードに負けないようにバランスを保ちましょう。

 
ut6
これでウネリから、パドリングして波に乗れました
ほどよく膝を曲げ進行方向を見て、波に乗っていきましょう。このとき、スープになるべく長く乗ることができるといい練習になります。

以上、いかがでしたか? ウネリからしっかり波に乗れれば、「立派なサーファー」と言っても過言ではありません。完璧なポジションから波に乗るのは、色々な技量や知識が必要になり難しさを極めますが、とにかく練習。海に行くことです。何度も何度もチャレンジして必ずマスターしてください!

<関連リンク>
電撃サーフィン

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。