一度海に出れば、波の形状は毎回異なります。似たような感じはしても、同じ波は一つとしてありません。そんな波に対して「少しでも上手に乗りたい!」と思えば、ピーク(波の頂上)をつかまえるのか一番。ピークから波に乗れれば、横に行くチャンスも自然と増えてきて、前乗りをする心配も減ってきます。

写真で実際のピークを見てみよう

peak1
画像右寄りがピーク。ぱっと見て判断つきますか?
右画像では波に乗ろうとパドリングしているサーファーがいますが、ここがピークではありません。もう少し向かって右、波が切り立ってる部分(ピーク)に移動した方が、早くテイクオフができます。

peak2
一番右のサーファーがピークを上手につかまえそう。ピークに乗れば前乗りの心配も減る
一番右でパドリングをしているサーファーの位置がピークになります(右画像)。この状況で考えると、一番左でパドリングをしているサーファーが波に乗れたとしても、右のサーファーがレギュラー方向にライディングしてきた場合は、速やかに波を譲りましょう。右のサーファーがグーフィー方向に向かった場合は、もちろん問題ありません。

peak3
この波の場合は、もっとよく見て、さらに沖から乗りましょう
ピークはすでにブレイクし始めています。スープに押され波に乗っている左側サーファーがテイクオフし、グーフィー方向に移動してきたら、右サーファーはテイクオフを諦めましょう。次の波を待ってください。

peak4
はっきりとしたピーク。取り合いになる傾向があるので、譲り合って乗るように
右画像のようなわかりやすい三角波のピークは、取り合いになる傾向があります。レギュラー、グーフィーで機転を利かせ波に乗ってください。

peak5
ピークど真ん中。ここから乗れれば文句ナシ!
右画像はピークど真ん中、波の形もベスト。この位置から乗れれば、レギュラー方向、グーフィー方向のどちらでもライディングが可能になります。波をじっくり観察し乗るようにすると、ライディング距離も長くなり、より練習の質を上げることができます。


波は風やウネリの向き、地形などでまったく異なり、ピークを見つけるのが困難な日もあります。特にオンショアで海がグチャグチャと荒れている時などは、波のどこに乗ってよいのか初心者サーファーにはちょっと判断しづらいでしょう。逆にオフショアのコンディション時は、波面もきれいで、見つけやすくなります。

ただ、波が良いときには、必ずそこのポイントを大切にしているローカルサーファーがいることがほとんど。もしビジターが、当該ポイントに入る場合は、いきなりピークに向かうのは絶対にやめましょうね。まずは、インサイド(岸より)の邪魔にならない地点から、よく確認して波に乗っていきましょう。



<関連リンク>
電撃サーフィン

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。