サーフィン/サーフィン関連情報

サーフィンのパンピングとは…初心者のためのテクニック解説!

今回はパンピングと呼ばれるサーフィンテクニックを初心者向けに解説します。このテクニックは、波がトロくなったり、このままでは波に置いていかれるなんて時に有効です。一度乗った波をなるべく長く乗り続けるためにも習得しておきましょう。

執筆者:田村 隆之

初心者サーフィン「パンピング」

初心者サーフィン「パンピング」

初心者サーフィン「パンピング」

サーフボードのノーズを上げ、ピョンピョンと跳ね、波をつないでるサーファーを見たことありませんか? そのテクニックを「パンピング」と言い、急に波がトロくなったりした際、波を繋ぐために使うテクニックです。基本的には波がトロくてどうしようもないときに使うものなので、ホレている波ではやらないでください。
 

パンピングする際の注意点

よく目にするのが、サーフボードのノーズのみを上げ、前足で海面をパンパンと叩いているサーファー。前足だけでは、サーフボードの反発を前に進む力に変えることができません。体全体を使いサーフボードを前に前にと導くよう、パンピングしましょう。

また、波が十分にホレている時にはしっかりとターンで繋いでいきましょう。むやみやたらにバンピングするのは失速の原因にもなります。
 

実際にパンピングをやってみる

pump1
波がトロくなってきたらバンピングの準備を
こんな感じに波がトロくなってきたらパンピングをして、岸まで波をつないでいきましょう。
 
pump2
体全体を使ってパンピングを行います
しっかりと体重をサーフボードに伝わるようにパンピングします。写真はちょうど体が伸びている状態。サーフボードには体重が乗っていない状態です。
 
pump3
前に前にという気持ちで、ボードを上下させます
次にサーフボード全体に体重を乗せます。この時、後ろ足ばかりに体重を乗せないよう、前足にも十分に体重を乗せバランスよくパンピングを行います。
 
pump4
伸びる、体重を乗せるの繰り返し
再度体を伸ばします。この動作の繰り返しを波に合わせて行っていきます。
 
pump5
リズミカルに、テンポよく!
少しでも波がホレてきそうな場所を探しながら、パンピングしていきます。
 
pump6
なかなかホレてきません……
まだまだ、パンピングで繋いでいきます。
 
pump7
もう、ちょっとでホレてくる予感
さあ、もうインサイドに迫ってきました。あとちょっとパンピングでつなぎます。
 
pump8
ホレてくるタイミングをしっかり見計らい……
もう、インサイドも目前!
 
pump9
やっとインサイドへ到着!
インサイドまで、つなげました。ここからはパンピングをすぐにやめ、レールを入れてまた横移動していきます。
 
pump10
これでしっかりロングライド完成!
インサイドではもたもたしていられません。一気に波がホレ上がってくるので、思う存分ライディングしちゃってください。
上記ではインサイドまで上手に繋げました。サーフィン上達には色々と方法がありますが、一度乗った波をなるべく長く乗り続ける。これがとても大切なことだと思います。混み合ってる海では、波に乗る頻度も減るもの。沖から乗った波がもしダンパーでも、岸まで繋いでいるうちにまた、いい波へと変化することがあります。ポイントの地形やコンディションにもよりますが、やはり長く、最後まで波に乗ることがサーフィン上達の近道なんです。

【関連リンク】
電撃サーフィン

【関連記事】
【編集部おすすめの購入サイト】
Amazon でサーフィン関連の商品をチェック!楽天市場でサーフィン関連の商品をチェック!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます