今回は前回「レギュラー方向へ」と逆のグーフィー方向に進む基本テクニックをご紹介します。

ポイントを確認

■良さそうなブレイクを探す
「レギュラー方向へ」同様で、きれいにブレイクしそうな波を見つけましょう。これがわからないと、そもそも横に滑ることが出来ません。波のチェックは念入りに!

■波のリズムに合わせて、しっかりとしたパドリングを
グーフィー方向に乗れる波が来たら、いいポジションからパドリングをしっかりしましょう。ブレイクが早そうな波は最初は回避。

■行きたい方向を見る
行きたい方向をしっかり見てください。クルマと同様、見ている方向しかボードは進みません。

実際にチャレンジ!

gt1
いい波を見つけたら、一生懸命パドリング!
まずは、いい波を見つけること。ブレイクが早そうな波や、ダンパーには乗らないように。

gt2
視線は進行方向に
しっかりパドリングをして、ボードがちゃんと波に滑っているか確認。

gt3
波をよく見て、テイクオフの体勢に
ちゃんと波に滑ってるのがわかりますね。ここでテイクオフの体勢に入りましょう。

gt5
波に対し、ボードを横に向けすぎないように
ボードに手をつき、立つ体勢に入ります。ゆっくりとはしていられませんが、焦ってバランスを崩さないように。

gt5
スピードが落ちないよう、しっかりボードに乗りましょう
いよいよ上半身を起こします。スピードが落ちないよう、しっかりとボードに乗りましょう。

gt6
ワイプアウトしないように、しっかりとボードに乗り、安定を
しっかりとボードに乗りつつ、徐々に上体を起こす。

gt7
ここがふんばりどころ。視線は進行方向を忘れずに
両足をボードの上に立てたら進行方向を意識して、腰を上げます。

gt8
ボードにしっかりと体重を乗せて
腰を上げても、視線は進行方向のまま。横に向けることを意識しすぎると、波の裏に置いていかれることもあるので注意。

gt9
ほどよく膝を曲げてバランスよく波に乗りましょう
これで、グーフィーの波に乗れました! 体重の乗せ方がレギュラー側よりも難しく感じるかも知れませんが、何度もチャレンジ。

……いかがでしたか? 最後にちょっとサーフィン用語の勉強です。今回のグーフィー方向に乗ることは「バックサイド」(波を背にして乗ること)とも言います。逆にレギュラー方向に乗ることは、「フロントサイド」(岸を背にして乗ること)となります。基本用語なので、ぜひ覚えておいて下さい。



<関連リンク>
サーフィンレップス

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。