「ボトムターンに始まりボトムターンに終わる」というくらい重要な「ボトムターン」。ボトムターンがうまければ、サーフィンがうまいというサーファーもたくさんいます。美しいボトムターンを出来るのは、きっとプロサーファーや上級者の波を辱知したサーファーでしょう。

しっかりとしたボートムターンを身につければ様々な波のコンディションでもアクションが可能になるので、必ずマスターしてください。

ボトムターンとは?

bot1
スピードに乗ってターンするのが基本
ボトムターンは、名のとおり波のボトムでターンすること。波にテイクオフし、ボトムに降りてターンする。このターンを「ボトムターン」と言います。一見簡単そうに思えますが、スピードのコントロールやターンを開始する位置など、タイミングがとても重要になるテクニックなのです。

ボトムターンを実践してみる

bot2
リラックスしてターンしてるのがわかります
実際のボトムターンの写真。まずはフロントサイドのボトムターン。波のボトムに降りたら、次に行きたい場所を確認しつつ、スピードを維持したまま、レールを波の面にうまく入れターンしていきます。ヒザがよく曲がっているのもわかりますね。

bot3
少し大げさに上半身をひねる
続いてバックサイドのボトムターン。波を背にしてターンしなくてはならないバックサイドのターンは、波の確認もフロントサイドに比べると少しやりづらいイメージです。上半身を上手に使い行きたい方向に導ければ、ボトムターンもうまくいきます。体をひねる感じで! もちろん波によって、ターンする位置やタイミングなども変わってきます。波をよく観察してターンしてください。

bot4
波のボトムでタイミングよくターン。下に降り過ぎてもNG
少し大きめの波では、波のトップに上がる時にボトムターンはとても重要になります。ただ横に滑っていくよりも、ボトムから縦の動きで上がっていった方が見栄えが断然違います。

上手なサーファーを見ていると、アクションの前には必ずといっていいほどボトムターンから入ります。波に対して垂直に上がって行くためにもボトムターンは必要。

ボトムターンを必ずマスターして、今まで出来ていたアクションに派手さを加えてください。長くレールを波の面に食わせてターンするようにするといいですよ。波の状況で深いボトムターン、浅いボトムターンなど使い分けるようにしてください。

とにかく、サーフィンは練習。波に乗ってたくさんボトムターンを練習しましょう!



<関連リンク>
善家尚史ブログ
サーフィンレップス

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。