前回のドルフィンスルースタンスもわかったところで、いよいよ「テイクオフ」。

テイクオフとは、簡単に言うと波に乗って立ち上がること。波が来たら一生懸命パドリングし、波がボードを押し滑り出したらボードの上に立ち上がるテクニックです。初心者の方は相当苦戦すると思います。でもこれが出来て、サーフィン。読んだあとは、何も考えず海に向かって練習してください。

テイクオフする波を見つける。初心者はまずスープから

テイクオフするには、まず乗れそうな良い波を見つける必要があります。ブレイク(崩れる)しそうにない波に、いくら一生懸命パドリングして向かっても波には乗れません。適度に切り立つ波を見つける必要があるのです。ただ、初めからウネリの部分からテイクオフするのは、パドリング力も弱い初心者の方は困難。まずは比較的乗りやすい、スープ(波が崩れたあとにできる白い泡状の波のこと)から始めることをオススメします。スープは、パドリング力が弱くても波が押してくれる力があるので、練習しやすいんですね。

スープでのテイクオフが出来るようになったら、ステップアップしてウネリからパドリングする本来のテイクオフにチャレンジしてみましょう。

テイクオフの基本動作

to1
バランスを崩さないように!しっかりとパドリング!
まずはパドリングしている時と同じ上体をとります。テイクオフもパドリングと同じで、バランスが大切。おへその辺りでバランスをとりましょう。波が後ろから迫って来るタイミングをとりながら、しっかりパドリングします。この時に軽く漕いでいては、波に置いていかれてしまいます。

to2
ボードに置く手は力みすぎないよう、軽くレールを掴む感じでOK
一生懸命パドリングし、ボードが波に押される感覚がわかったら、ボードに手を置きます。手を置く位置は、ちょうど肩の辺りが基本です。多少のずれは構いませんが、前(ノーズ寄り)すぎても、後ろ(テール寄り)すぎてもボードが失速したり、バランスを崩したりするので注意しましょう。

to3
視線はこれから向かう方へ
ボードに置いた手を伸ばし上体を起こします。この時にも力まないようにすること。余計な力が入るとバランスを崩しやすくなります。と同時に視線も大切。下ばかり見てると、周りも見えなければバランスも崩れがち。しっかりと顔を上げ、先を見るように心がけましょう。

to4
焦ってしまいがちですが、落ち着いて立つ!
ボードに置いた手の当りに前足をもっていきます。この時に肝心なのが、決して焦って立ち上がらないこと。しっかりとボードの立つべき所に低い姿勢のまま、落ち着き膝立ちのような上体で立ちます。後ろ足も同じく前すぎないように置きましょう。

to5
腕もバランスをとるのに役立てます
スタンスが決まったら、手を離しながら上体を起こしていきます。曲がっている腰を伸ばす感じではなく、腰を上げるような感じで。膝は伸ばしきってしまうとバランスが悪くなるので、安定感をだすため、ほどよく曲げ、低い体勢でバランスを保ちましょう。


テイクオフの練習方法

テイクオフはもちろん海の中で練習するのが一番。でも、立つ時のイメージトレーニングや、手を置く位置の確認などは家でもどこでもできます。ボードの上で練習するのも良いですが、普通に床の上で立ち上がる練習をするのもオススメです。もちろん水の上ではない練習なので、本番みたいには行きません。でも、イメージは掴めるはずです。

スクールなどに入っても、初めは海に入らずに波打ち際(砂浜)で、ボードの絵を砂浜に書いてその上に立つ練習をしてることがよくあります。陸と海とでは全然ちがいますが、練習方法としてやってみると良いかも知れませんね。


今回の「テイクオフ」いかがでしたか?これができて、やっとサーフィン。ぜひ、多くの波にチャレンジして、テイクオフを練習しましょう。波に初めてテイクオフ出来たら、恐ろしいほどの感動が待っていますよ!さあ、グズグズしてないで、海へ!



<関連リンク>
21Surf Spider
サーフレップス

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。