波のサイズが大きい時、海に入っていても、パドリングで沖に向かっても、波のせいでなかなか沖に進めない……。そんなとき、どうすればいいかわかりますか?正面から向かって行っても、波の力で戻され体力を消耗するだけ。

今回は、その向かって来る波を上手にくぐり抜けるテクニック、「ドルフィンスルー」について紹介します!

ドルフィンスルーって、どういうテクニック?

波が大きく沖になかなか出れないような日は、コンディションとして初心者にはやや厳しめ。サイズがある日には、向かって来る波の下に潜って波をくぐり抜けるテクニック、「ドルフィンスルー」が必ず必要となってきます。これが出来ないと、サイズがある日のサーフィンが厳しくなってきます。失敗しても何度も練習して、必ずマスターしましょう。

ドルフィンスルーを実際にやってみよう!

drfin2
ボードを掴む位置は肩がある位置あたりを目安に。沈みにくければもう少しノーズ寄りを!
まず、波に向かって一生懸命にパドリングして加速。勢いをつけることで、ボードを沈める時に安定し、沈みやすくなります。波が向かってきたら波が来る少し手前で、ボードのノーズを両手で沈めていきます。この時に大切なのは、極端にノーズだけを沈めるのではなく、水中でボードが水平になるような感じでノーズの方から沈めて行きましょう。

drfin3
膝を使ってテールも沈めていきます
ノーズが沈んで行くのと同時にテールも膝で沈めて行きます。

drfin4
水の中ではボードは反発して浮き上がろうとするので、バランスを崩しがち。気をつけよう
ボードが沈んだら、波が来るタイミングを計って水の中に体も潜りこませます。潜る時に、さらにボードを潜らす感じで深く沈めましょう。波が自分の上を通過している時にあまり潜れていないと、波に戻されたり巻かれたりするので、深く潜ることがポイント。

drfin5
ボードの浮力を上手に使うことで、うまく水面に出れるようになる
波が自分の上を通過して行くのがわかったら、ノーズから水面に上がります。水の中で掴んでるボードを、上に向け引き寄せるようにするとボードと一緒に体も水面に上がっていきます。この時、テールに乗せている足を沈めるように蹴り出すとノーズが水面に向き、上がりやすくなります。

drfin6
あとは力を抜いて水面に出ます
水面にズボッ~と出れたら成功です。


ドルフィンスルーの練習方法や注意点

ドルフィンスルーは、サーフィンの中ではパドリングや波待ちに続くサーフィンをするためには外せない基本テクニック。と同時に、意外と苦戦するテクニック。ただでさえバランスの悪いサーフボードを水中に沈めるんですから……。

比較的、練習しやすい波のサイズは膝~腰位。あまりにも小さい波だと、底についてしまいます。波が完全に崩れてる(スープ)よりも、崩れる瞬間の波でタイミングを合わせ練習すると、うまく潜れ波の裏に抜けやすく練習しやすいでしょう。ドルフィンスルーの練習の際は、後ろに人がいないか?をしっかりと確認。もし潜るのに失敗し、ボードを離したら後ろに飛んで人にあたる恐れがあります。十分に気をつけましょう。


今回の「ドルフィンスルー」、理解出来ましたか?口で言うのと実際にやってみるのでは、全然違うもの。初めはバランスを崩し、なかなかうまくいかないでしょう。何度も練習することで少しづつ感覚が身に付いてくるので、ゆっくり、焦らずに時間をかけて「ドルフィンスルー」を必ずマスターしましょう。ドルフィンスルーが出来るようになれば、サイズのある日にも、沖に出て良い波に乗れますよ!


<関連リンク>
サーフレップス
ぶっとびサーフィン

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。