padoru01
海での移動はすべてこのパドリング
ワックスも上手く塗れたし、海の知識も勉強したところで、いよいよ海に入ろう。って、海に入るってどうしたらいんだろうか?何か特別な方法でもあるんだろうか……?」と思ったあなた、正解です。海に入ったら、まず波がある沖に向かいます。その時に必ず必要になってくるのが、「パドリング」。

パドリングとは、ボードの上で腹ばいになり、水泳でいうクロール(足は使わない)をして漕ぐことで、サーフィンをする上で基本中の基本なのです。今回は、沖に行くのはもちろん、波に乗る時にも必ず必要になってくるパドリングについて勉強していきましょう!

パドリングの基本姿勢

ボードを海に浮かべたら、その上に腹ばいになるのですが、初めてだとかなりバランスが悪くてビックリ。見た目では意外と簡単そうなんですけどね……。

ボードには中心があり、そこにしっかりと乗ることでバランスがとれ、フラフラしにくくなります。ボードの中心にうまくバランスよく乗るには、おなか(おへそ)を中心にして重心をとることです。その時、胸を反らせ、足は閉じる。これがパドリングの基本姿勢となります。実際にボードの上で、やってみましょう。

padoru1
しっかりとボードの重心に乗れてる。GOOD!
ボードに腹ばいになる時、手を伸ばして、ノーズに手が届くぐらいの感じで!(長いボードは手が届かなくてOK) ボードのセンターにあるストリンガー(木の部分)を目印に、上手に真ん中に乗ってみましょう。


padoru2
見るからにバランスが悪いですね。NOT GOOD!
右写真のように足を開いていると、胸が反りにくくなり、腕も回しづらくなります。しかし、足を初めから閉じているとバランスが取りづらいので、初めは少しくらい開いてても大丈夫。徐々に閉じることができるようになりましょう。


padoru3
パドリングするのが辛そう。NOT GOOD!
胸を反らせないと、バランスが悪くなり、視界も悪い。しっかりと胸を反らすことで、安定しパドリングがしやすくなります。

パドリングをしてみよう!

padoru3.5
手を伸ばしなるべく遠くの水を漕ぐような感じで
ボードの重心に乗れるようになったら、胸を反り、足を閉じていよいよパドリング。

右、左とテンポよく漕いでみましょう。水泳のクロールと同じ感じでですね。少しボードの下を漕ぐように意識すると、良く進みます。目線は、すぐ下を見たり近くを見るのではなく、少し遠くを見る(進行方向の先)。そうすると、自然に胸も反れ、良い体勢が作れます。

パドリング時の手の形

padoru5
写真のように、少し指と指に隙間を
手は完全に閉じてしまうよりも、指と指との間に少し隙間を作ってあげると、よく漕げます。サーフィン中、ほとんどの時間をパドリングに費やしていることがよくあるので、効率よくなるべく疲れないように漕ぐようにすると、テクニックもメキメキ上達していきます。


今回のサーフィンの基本、「パドリング」は理解出来ましたか?初めは、なかなかうまく行かなくても、心配する必要は一切ナシ!諦めず、波の小さい、人の少ない日にジックリ練習。基本は、「胸を反り、足を閉じる」です。さあ、いい波目指して、パドリングを身につけてしまいましょう!

<関連リンク>
知識萬庵
サーフィン・ジャンキー