今回は、沖に出るとき使えるテクニック「プッシングスルー」のご紹介。簡単に言うと、スープが向かってきたとき、楽にやり過ごすことができるテクニックです。ゆっくり焦らず、練習しましょう。これができれば、人より早く沖に出ることができますよ!

プッシングスルーとは?

プッシングスルーはドルフィンスルーに似ています。ただプッシングスルー水中には潜らず、サーフボードだけを軽く沈めて、体は水面上にあります。サーフボードと体の間にスープを通過させるテクニックですね。ただ、波にサイズがあるときにはサーフボードと体の間にスープを通そうとしても波の力に負けてしまうことがあるので注意してください。今回は小さい波をやり過ごすプッシングスルーをご紹介します。

プッシングスルーを実践してみる

pusu1
まずはパドリングで沖にむかっていきます
波は岸に向かってどんどんやってきます。その波にまともに向かって行っても体力を使ってしまうだけ。波(スープ)がきたら、まずタイミングを合わせましょう。

pusu2
上半身を起こす準備を。サーフボードはしっかり握って
波が向かってきたら、タイミングよく両手をサーフボードについて、上半身を起こす準備に入ります。このとき、サーフボードはしっかりと握って放さないように!

pusu3
上半身を起こし、波を通すスペースをつくる
自分の目の前まで波が迫ってきたところで腕を伸ばし、スープをサーフボードと体の間に通すように準備。

pusu4
しっかり進行方向も確認してバランスを保つ
波が到達。バランスを崩さないよう腕はもちろん、足もバランスをとるために役立てましょう。片足を上げることで水の抵抗をもっと減らすことができます。少し大きめのスープのときに役立ちますね。

pusu5
サーフボードは波に対して垂直にすること
波が自分に到達し、上手にサーフボードと体の間に通すことができたら、腕を戻してサーフボードに腹ばいになっていきます。

pusu6
これで波の裏に到達!
完全に波の裏に行くことができました。プッシングスルーをするのとしないのでは、波に戻される距離が変わってきます。小さいスープでもなるべく使っていきましょう。

pusu7
さあ、また沖まで再びパドリング!
波を越えたら、再びパドリングして沖へ。

今回のプッシングスルーは、小さい波のときに使えると考えてください。大きい波のときには、必ずドルフィンスルーが必要になります。サイズがあるときには、間違ってもプッシングスルーはしないように! 波に巻かれてしまいます。

とにかく経験。何回も繰り返し、体で覚えていってください。



<関連リンク>
知識萬庵

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。