スピードは、サーフィンテクニックを行うとき必要となってきます。テクニックが上達するにつれ、さらなるスピード強化が求められます。そのスピードをつけるためのテクニックが、今回紹介する「アップス&ダウンス」。上手に波の斜面を利用し、加速度つけていきましょう!

アップス&ダウンスって、どんなテクニック?

波のある程度切り立った斜面を利用し、上から下へとリズミカルにサーフボードを動かしながら加速させるテクニックが「アップス&ダウンス」(「アップスーン」ともいう)。実際どのようなテクニックか確認していきましょう。

nao1
徐々に波がホレて(切り立って)きそう
波が切り立ってくるタイミングを合わせ、サーフボードを波に乗せます。まずサーフボードは岸側に向いていますね。

nao2
体の向きとサーフボードの向きは同じ
次はサーフボードが進行方向に向いています。上半身も進行方向に向け、決してサーフボードの向きと体の向きがバラバラにならないように心がけましょう。

nao3
波のホレている部分をつかみ滑る
再び、サーフボードを岸側に向けます。

nao4
前足にしっかりと体重を乗せ、加速度をつけます
前足にしっかり体重を乗せながらレールを波表面に入れ、加速していきます。

nao5
上半身は進行方向に。ボードも同様
スピードを殺さないように、レールを上手に使って次のセクションへ。このとき、上半身を進行方向に向けておいてください。


nao6
ガンガンサーフボードも走り、ここまできたらテクニックも容易に行える
ここまでできるとスピードに乗ってきます。アップス&ダウンスはテンポよく行うことがとても大切。

nao7
スピードがないと、サーフィンの楽しみに幅が出ない
波の斜面にサーフボードを上手に合わせてさらに加速。適度にスピードがついたら、お好きなテクニックをどうぞ!

アップス&ダウンスいかがでしたか? リズミカルに、サーフボードの動きと体がバラバラにならないよう体重移動を行いましょう。レギュラーフッターの人は右腕、グーフィーフッターの人は左腕を、上手に使うように意識するとなおいいですね。

プロサーファー紹介

nao_pro
善家尚史(ゼンケナオフミ)
生年月日: 1986年 1月20日
スタンス:レギュラー
ホームブレイク:鵠沼海岸、湘南
湘南、鵠沼をホームグラウンドとし活躍する。2005年のJPSAプロアマ最終戦でクオーターファイナルへ進出し、プロへ転向。その他、多くの大会に参加し好成績を残す。



<関連リンク>
善家尚史ブログ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。