市民ランナーにも当てはまる

あなたは中距離型?それとも長距離型?
あなたは中距離型?それとも長距離型?
前ページにあげた数字は、世界のトップ選手だけにいえることでしょうか? 例数が1例だけですが、サブスリーの市民ランナーAを例として比べてみました。すると市民ランナーAの係数も、すべてこの世界のトップ選手の係数の幅の中に入っています。多少の誤差はあるにせよここに紹介した数値の中に入っていれば、十分にサブスリーの可能性があると考えられます。逆にフルマラソンの予想タイムを計算することもできます(例を増やせば、さらに誤差が少ないデータになるでしょう)。

長距離型か中距離型かでトレーニングを見直そう

5kmを走ったとき、5km~10kmが得意なら19分を切るレベル、ハーフ以上の長い距離の練習が多い人なら20分を10秒程度オーバーする持ちタイムでもサブスリーの可能性が見えます。

インターバルやペース走を取り入れているのに5kmで19分30秒よりタイムが縮まらない、10kmで40分が切れないという方は5km、10kmでのタイム短縮を狙うスピードトレーニングより、そのタイムを持続するためのスタミナ養成トレーニングを増やした方がサブスリーへの近道になります。

一度の練習時間が長く取れず、ハーフ以下の距離の練習が多い方なら筋トレやスピードトレーニングを取り入れて5km19分を目安にスピードを磨く必要があります。

今回はサブスリーだけを対象にしましたが、2時間4分台~2時間10分台の選手の記録とも係数に際が少ないことから、3時間30分くらいまでの選手に対応できるのではないかと思っています。あるいはサブフォーねらいの場合にも当てはまるかもしれません。

読者の皆様もぜひご自分の記録を当てはめてみてください。



<関連リンク>
サブスリー輩出プロジェクト1 弱点を補強


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。