ジョギング・マラソンを始める前に

前回は、ジョギング・マラソンによって得られる利点を紹介しました。しかし、ランニングが体に負荷をかける以上、日常生活を送る上では生じないような障害を起こしたり、事故に遭うということがありえます。そうした障害や事故はそれがどのような時に起きやすいのか、あらかじめわかっていれば注意をし、予防も図れます。今回はネガティブな情報ですが、頭においておいていただきたい話です。

ランニングで起きがちな障害は、大きく内科分野の障害と整形外科分野の障害にわけられます。一部、初級者には起きそうもない、走り過ぎた時に起きやすいアクシデントもありますが、目を通しておいてください。

脱水症状などのアクシデントには要注意!

水を一杯
走り出す前に水を一杯、一気飲みではなく、噛むように飲む
6月頃から蒸し暑い夏になりますが、高温に高湿度が加わると、発汗した汗も気化しにくく、体温が高くなって体調が不良になったり熱中症を引き起こします。また、湿度が低くカラッとした気持ちの良い気候の時には、思った以上に発汗量が増えているもので、脱水症状を起こしたり、脱水により血液の流動性が低化(血液ネバネバ状態)して、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすリスクを高めます。これらの障害を防ぐには、次の注意をしてください。
  • 循環器系の障害をお持ちの方、健康診断で要注意の結果が出ている方は、必ず医師に相談すること。


  • 走りだす前に、水を必ず最低1杯、走りだしてからも5kmごとに100~200cc程度の水分補給を心がけること。特に寝起きのランニングでは必須。寝ている間に、かなり水分を失っているからです。


  • 徐々にスピードをあげること。最初は歩き、または走りながらおしゃべりできる程度。速くなっても、なんとかおしゃべりを続けられる程度の強度で。ハートレイトモニターで心拍数を管理できれば申し分ないですね。


  • 風通しの良いメッシュで、日差しをさえぎる帽子を着用する。日除けのついたキャップも販売されています。


  • 夏場は、日中の練習を避け、涼しい早朝や夕方~夜に練習する。夏だけ涼しいジムでトレッドミル・ルームランナーに頼るというのも手です。


  • 暑さでふらつくようならすぐにランニングを中止し、涼しいところで水を頭から首筋にかけて体温を下げ、少しずつ水分をとる。


  • 走る気分になれないときは、走らない。体重管理のためにサイクリング、ウォーキング、スイミングなどで体を動かせばけっこうです。走れそうだけどスピードを出す気になれないという時は、その気になるまでのんびりとジョグを続けてみます。
くれぐれも、「暑さに勝てば速くなれる」なんて思わないこと。涼しい所で、質量ともに優れた練習をしたほうが速くなれます。

>>整形外科分野のアクシデント>>